movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イン・トゥ・ザ・ブルー
勝手に点数55点

2005年、洋画のアクション。ジェシカ・
アルバ主演。ポール・ウォーカー出演の物語。
単なるアクション映画かと思えば、アドベン
チャーアクションの要素もある映画でした。

パッケージを見た感じ銃撃やカーアクション
の多い典型的なアクション映画かと思えば、
宝探しというサスペンスのような要素もある
わりと好きなタイプの映画でした。

きれいな海やジェシカ・アルバの美とも言え
る肉体。海を泳ぐ時にとてもきれいなシェイ
プ、無駄のない脂肪のない体が目立つ映像で、
出演者はみんな良い体の人ばかり。

ここからネタバレあり。
最初から墜落した飛行機から宝が見つかると
ころから始まる物語。最初は海に潜って、宝
を取り出すという。

それでいくつかの宝も見つかるが・・・覚せ
い剤も見つかってしまう。覚せい剤の密売組
織にこのことを見つかってしまうと、組織の
人らから追われてる。

組織の奴らから隠れてその墜落飛行機を散策
して宝を探して、取り出そうとするが・・・
組織に仲間が捕まってしまう・・・という物語。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ヘル
勝手に点数55点

2003年、洋画のアクション。ジャン=
クロード・ヴァンダム主演の映画。サスペ
ンスのような作品。刑務所でアクション色
強い作品。

ここからネタバレあり
「ヘル」というタイトルを見てホラーを想
像した作品でしたが、刑務所での地獄さな
がらの生活という感じでした。

「ショーシャンクの空に」によく似た映画。
主役のカイルはロシアで働いていた。もう
すぐアメリカに帰れるというところで妻が
強姦され殺されていまう。

犯人を自力で捕まえたが犯人は富豪だった。
そのためお金で裁判官が買われて、犯人は
無罪に。カイルは納得いかなく犯人を自分
の手で殺してしまう。

それでロシアの刑務所送りに。刑務所では
毎日のように決闘が行われる。カイルはい
つしか刑務所で一番強くなっていた。しか
しこの刑務所では何人も殺されていた。

そのことを理不尽だと思っていたので、脱
走して、この事実を世間に公表しようと考
えていた。この物語の中で何回もカイルは
霊のようなものを見ていた。

これはカイルが刑務所での生活が厳しく、
苦しいから見たのか、カイルに霊感がある
のか、よくわからなかったですが、最後は
脱走することに成功。

アクションばかりだったのでほとんど決闘
を見てるような物語でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

バリスティック
勝手に点数60点

2002年、洋画のアクション映画。ルーシー・
リュー、アントニオ・バンデラス出演の映画。B
級作品のような微妙な感じ。一応、そこそこの俳
優が出演している映画ではあるが・・・

アクション満載のこの映画。ルーシー・リューの
アクション?アントニオ・バンデラスのアクション?
どちらもアクション映画の似合う俳優、女優です。

なのでこの映画からアクションをとると何も残らな
いような映画。アクションはとても良い感じの映画
でした。ルーシー・リューはきれいなのかよくわか
らない女優でした。

確かにアクション映画の女優のイメージが強いので
ぴったりの役どころではあったのですが。アントニオ・
バンデラスもアクション色の強い俳優。二人のアクシ
ョンが凄い見所の映画になっています。

この映画が製作された頃と言えばワイヤーアクション
ばかりの映画が生まれていた頃だったので、ある意味
正統派のアクションをしているように見えるこの映画
がおもしろく感じてしまう作品。

ここからネタバレあり
ガントは妻を殺され、いないはずだったがある時妻が
生きているという情報が入ってきた。それでルーシー・
リュー演じる殺し屋のシーバーと敵対することになっ
たが、ある時本当の敵は他にあることを知る。

それでガントとシーバーが組んでその組織の男を殺し
に向かうという映画。最初から最後までアクション満
載の映画でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ナショナルトレジャー2 リンカーン暗殺者の日記
勝手に点数70点

2007年、洋画のアクション。ニコラス・
ケイジ主演の続編。総制作者はジェリー・ブ
ラッカイマー。作るのがやっぱりうまい。ヒ
ット作品を作るのがうまい製作者。

今回はリンカーンの秘密をめぐって繰り広げ
られるアドベンチャーアクション映画。期待
していた作品。しかも2作目で落ちると思い
つつ、よかった作品。

ここからネタバレあり。
今回はあまり敵とのやりとりはなく、サスペ
ンス色の強い作品になっていました。その分、
内容が濃くなっていて個人的には好きな仕上がり。

とにかく隠された秘密を解き明かすという感
じの物語でした。おそらくフィクションだと
思うのですが、作られた物語が凄くおもしろ
い作品。

まずありえない設定とは言え、物語の先まで
展開の早いスピードで物語が進んでいきます。
ディズニーのブエナビスタ配給のわりにはけ
っこう大人向けの作品でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ゴーストライダー
勝手に点数65点

2007年、洋画のアクション映画。とてもSFっぽい
作品ですが。ニコラス・ケイジの話題作。悪魔と契
約して悪人を殺していくところはデスノートと良く似
ていると感じた作品。

最近、ハリウッド映画も日本の影響を受けてたよう
に感じる作品が多いです。これはデスノートにそっく
りで、元からあるハリウッド映画の特殊効果など加
わって凄い作品になっている作品。

例えば、悪魔はデスノートとゴーストライダーでは、
どちらもとても良い感じで全く違う悪魔が作り出さ
れていて同じ悪魔でも違う悪魔の描き方に差があ
るのがおもしろかった。

ここからネタバレあり
父の癌を治すのと交換に悪魔と契約を交わした主
人公。主人公はバイクのスタントマン。悪魔は「時期
来ると前に現れる」と言ってずっと現れないまま、時が
過ぎる。

ある時その時が来て主人公の前に現れる。それで、
悪人を退治するのですが・・・その契約を交わした悪
魔の前に立ちはだかる悪魔が現れた・・・その悪魔と
戦うことになった、という話し。わりにベタな内容。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

X-ファイル ザ・ムービー
勝手に点数70点

1998年の作品。この作品もいまいち
ジャンルがハッキリしない作品です。
ホラーとか、サスペンスとか、アクションとか
SFとか、とにかく不思議な作品でした。

昔に見た作品で、ちなみに3、4回は
見てる作品。今回も結末がわかっている
のに見たらおもしろかった作品。人間って
つくづく、良く忘れる生き物だと思います。

大体の荒筋とか結末とかわかっていても
再び見るとおもしろかった。それでビデオ
で昔に買った作品。でも、実はこのシリ
ーズを全部見てないのですが・・・

一体、最後ってどうなってるんだろう。
これを全部、見るのって相当、大変だと
思う。好きなアニメとかをビデオに撮って
置いてるけど、見たためしがない。

みんな全部見るがめんどくさいって思っ
てるから。だから、これを見るのはちょっと
できない・・・でも、最後は見たいけど。

ここから、この映画のネタバレ。
「X-ファイル」は宇宙人の話し。
誰もが知ってるけど、モルダウとスカリー
対FBIの上層部やり取りがおもしろい。

とてもサスペンスの要素のある作品です。
この作品でも、そんなやり取りがあって、
公に出せない事が起こってしまった。
そのことを探るモルダウとスカリー。

ほとんど、ネタはばらしてないかな。という
ことで、この映画ではとうとう、宇宙人が
登場しました。宇宙人を題材にした作品
で「X-ファイル」が一番、おもしろい。

後にいろいろドラマとか、映画とかあった
けど、いまいちだった覚えがあります。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

リディック
勝手に点数55点

わりとわかりやすい作品、未来での話しなんだろう。
スターウォーズのような2004年のSF作品。
一人の戦死と軍との戦いの作品。

ヴィン・ディーゼルのアクションが見ものの作品だと思います。
おそらく、トリプルXがあたって・・・っていうような作品。
正直、スパイダーマンよりか好きかな。
単純、明快な感じでわりとおもしろかった作品なのです。

「悪は悪を持って征す」という物語です。
リディックは賞金がかかった追われてる超人?
過去にリディックが助けた聖職者が賞金をかけたという。
それはリディックがヒューリア人で反抗的な民族だから。

この映画はSFアクションです。SFの映像の美しさは見もので
ないでしょうか。ほんと、映像が凄く進化したことを感じさせます。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

サラマンダー
勝手に点数55点

2003年のパニックアクションと言った映画。
けっこう人気のある作品なので少し期待して
みました。正直おもしろいのか、おもしろくないのか
いまいちわかならい感じの映画でした。

2002年のX-ファイル・ザ・ムービーを作ってきた
監督が作った作品。どんな感じかというと、
ゴジラみたいな感じの映画。
この映画ではドラゴンが襲ってくる話し。

      < ネタバレ >

ある日、地下の工事現場でドラゴンが眠っている
ところまで掘っていることに気付かなかった。
そして、そのドラゴンが生き返るところから始まる。
ドラゴンは生き返ってすぐに飛び立った。

そして、武装した現代人とドラゴンの戦いが始まった。
最新の軍事兵器とこのサラマンダーの炎で恐竜を
滅ぼし、氷河期を引き起こした原因となった
古代の怪獣、サラマンダー。

そして、サラマンダーはほぼ、無敵な生き物。
その最新兵器を持っても一頭、殺すのが
やっとの生き物が、群れを成して襲ってくる。

そして、炎を吐いて、街を壊滅状態にしたサラマンダー。
しかも、このサラマンダーは人を探して、わざわざ、
殺しにくる。サラマンダーが増えすぎて共食いを
始めた。絶望的な状態に追い込まれた人類。

このピンチを乗り越えるためにはボスのサラマンダーを
倒すしかないことになった。そのボスとは雄のサラマンダー
そのサラマンダーがどうやら、増やしていったらしい。
どうやってそのサラマンダーを倒すべきか・・・

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

グニーズ
勝手に点数65点

1985年の作品。ジャンルはアクションでしょうか。
細かくこの作品の物語りの内容を見てみると、
この作品はアドベンチャーコメディーと言った感じの作品。
緊迫した中にも笑えるシーンがありました。

「ピータ・パン」とか、「トム・ソーヤの冒険」に似た物語です。
そんなアメリカの伝統的な種類のストーリーをしたのが
この「グニーズ」のような感じがします。

内容は宝の地図を見つける子供のチーム、グニーズ。
それはパイレーツ(海賊)が隠した宝。
その地図のある場所へ行くと、刑務所を脱獄した犯罪者がいた。
それでもその場所、古い家へ潜りこんで、宝のところへ向かう。

その隠された場所まで辿りつくのに、パイレーツは
いろんな罠もしかけてあった。
という、少しコメディーの要素ありの
アドベンチャーアクション映画です。

なかなかおもしろくて、けっこう好きな作品です。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ナショナルトレジャー
勝手に点数65点

2004年のニコラス・ケイジ主演の
アドベンチュアーアクション映画です。
そして、あのヒット作品ばかり手がけて
いるジェリー・ブラッカイマーが作品。

2作目が決まってるだけあって
やっぱりおもしろい作品です。
大昔の富豪が隠した財宝を探す物語です。

教会とかにその隠してるヒントが暗号で書いて
あって、暗号を辿って探していくのですが、主人公の
父もその宝探しをやっていて、いつまでたってもヒント
ばかりで宝までなかなか辿りつかない映画です。

しかし、その宝を狙う他の組織も居て、
その組織は元々は仲間だったのですが、
意見のすれ違いから敵になってしまった。

そして、命を狙われながら、宝を探していく話し。
宝のヒントはなかなか、創造的な発想で
作られた物語でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

オーシャンズ12
勝手に点数55点

凄いキャストの映画でした。
キャストの欄に載ってはなかったんですけど、
ブルース・ウィルスまで出てました。

そして、物語は前の「オーシャンズ11」と同じ話しで
泥棒たちが主役の話し。
「正直前回の方がおもしろかったなぁ」と感じつつ、
とはいえ、そんなにおもしろくない作品でもなかったです。

凄い良いと思ったのは使われてる音楽です。
日本ではありえないんですが、
ドラムが凄い音して物語が進んでいきましす。
そして、ギターがギンギンなっている。
どこか、60年代風のロック調の音楽が流れている。

こんな映画、他にあったかなと感じさせる映画でした。
そして、そんな音楽にスタイリッシュな泥棒たちが
泥棒の腕を競い合う物語。

あと、気になったのが、ジュリア・ロバーツが出てるのですが、
この人は年をとるにつれてなんか見た目が悪くなる感じがするんだけど・・・
特に、共演してるキャサリン・セタ・ジョーンズと比べると
ジュリア・ロバーツはひどいと感じました。
昔はよかったんだろうけど・・・なんか骨みたいな感じ。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

デイ・アフタ-・トゥモロ-
これは地球人がこのままでいいのだろうかというメッセ-ジをとてもわかりやすく、描いた作品です。主人公の父は気候学者。そして、凄い勢いで気温が下がり、嵐がやってくるという話しで。大都会で建っている建物の電力がなくなり、寒さが押し寄せてくる。そして、建物を次々に凍らしてゆく、嵐。人々も次々に凍って死んでゆく。その中で主人公の父はどこかで暖をとって、非難するようにと伝えた。そして、非難した図書館で動かないようにという。一応みんなに伝えるが、他の場所へ非難してしまう。残った人達で図書館にある本を燃やして暖をとってしのいでいた。ところが、非難していた人の中で病気でアスピリンが必要な人がいていました。それで、アスピリンを取りに外の建物へ行く。最後は天候学者の言うことを聞いた人が助かるという話しでした。なんとなく、気を抜いて見れる作品でした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

Mr. & Mrs. Smith
ブラッド・ピッドとアンジェリ-ナ・ジョリ主演のラブスト-リ-?アクション?コメディ-?一体どんな映画なんだと、思いたくなる映画でした。始めの方はブラッド・ピッド演じるジョンと、アンジェリ-ナ・ジョリ演じるジェ-ンの恋愛の話し。そして、話しは同じ任務を請け負い失敗して、二人が自分たちのことがバレるとバレた相手を48時間以内に殺さなければいけない。それで二人は殺しあうこと。失敗するとそれぞれが所属してる組織から狙われることになる。しかし、48時間内に殺せないまま、二人は夫婦の時のような二人に戻ってしまう。それで、ますます組織から狙われることになった二人。組織から追われてる時に二人は言いたいことを言い出す。それで、夫婦の絆が強くなった様子。それで、最後、二人は組織から逃げるためにビルに立てこもった。しかし、組織から部隊のようにたくさんの殺し屋が送り込まれくる。どうやって切り抜けるかというラブスト-リ-のような、アクションのような、コメディ-のような物語。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

バッドマン・ビギンズ
渡辺健が見たくて観ました。しかし、ほんの少ししか出てなかったのが残念です。すぐにBADMANになる前の主人公、ブル-スが屋敷を焼いて、渡辺健が演じる忍者のボスが建物の下敷きになって死んでしまいました。ハリウッド映画はやっぱりお金がかかってると感じさせる映画。そして、カ-アクションあり、銃撃戦あり、飛んだり跳ねたりの映画のアクションらしいアクション映画。言うまでもなくわかりますか…「ビギンズ」というこうくらいですので、バッドマンの始まりの話しです。正直、バッドマンは初めて見たのですが、凄く面白い作品です。この手の映画は大きな会社が凄い壮大な悪事を計画するという内容に。この作品は少し違います、渡辺健がボスをしていた忍者の組織を破壊してしまった主人公のブル-ス。そして、仕返しに来た組織の生き残り達。小さい頃から一緒に過ごした、女性が危険な目に会うことになりました。それも助けてハッピィ-エンドになって幕を閉じることに。この手の映画で欠かせないスト-リ-。愛する人を守ること。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

スパイダ-マン2
前の続編です。前のもおもしろかったですが、内容は忘れてしまったような感じです。主人公であり、スパイダーマンのピーターパーカー、悪い人を見ると捕まえないと仕方がない、ピーター・パーカー。そのせいか、恋人と約束した恋人の出演してる公演に遅刻して、見れなかったりする。それで愛想をつかしたメリー・ジェーン(MJ)。そして、良いことをすると、新聞はスパイダーマンを悪者に書きたてる。しかし、一般市民は正義の味方っていうことを知っている。そんな時ドクター・オクタビアスがアームのロボットを作り上げる。それを装着したドクター・オクタビアスは自分をなくして、あっちこっちを破壊したり、市民を傷つけたりする。そんなドクター・オクタビアスを止めようとするスパイダーマン。そんな時、恋人のMJをさらわれてしまう。やっぱり愛する人はなんとしても救わないといけないスパイダーマンでした。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。