movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン
勝手に点数65点

2008年、アジアのホラー。製作国は
フランスとか。木村拓也、イ・ビョンホ
ン、ジョシュ・ハートネットなど出演。
トラン・アン・ユン監督作品。

トラン・アン・ユン監督と言えば、「青
いパパイヤの香り」、「夏至」など、ラブ
ストーリーを何作か録っていて、こんな
感じの映画は予想外でした。

「青いパパイヤの香り」にしても「夏至」
にしても不思議な世界観の作品でした。
今回は普通かと思えば、やっぱりトラン・
アン・ユン監督の不思議な物語でした。

ここからネタバレあり。
とうとう魔法使いが出てきた感じです。木
村拓也演じるシタオ。大企業の社長の息子。
その息子が主人公の話し。

木村拓也がどんな役をするのかと思えば、
けっこう良い役を任されていました。シタ
オは魔法で病気の人たちを助けるという凄
い不思議な世界。

そして、イ・ビョンホンやジョシュ・ハー
トネットを脇役にさせているのが凄いとい
う感じでした。マフィア役ののイ・ビョン
ホン。元刑事役のジョシュ・ハートネット。

また、音楽がレイディオヘッドの中から2
曲くらい使われていたのですが、あとは・・・
わかりません。レイディオヘッドが音楽を
作っているとか。

確かにレイディオヘッドっぽいのですが…
よくわかりません。シガー・ロスっぽい感
じもありました。音楽も不思議な世界を放
つこの作品。

トラン・アン・ユン監督の不思議な世界観
の映画でした。
スポンサーサイト

テーマ:アジア映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。