movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェイサー
勝手に点数80点

2008年、韓国のサスペンス。キム・
ユンソク、ソ・ヨンヒなど出演。実話か
ら来る凄い怖い話し。南米やヨーロッパ
でよくある話しで映画です。

韓国でもとても怖い話しがあったみたい
です。日本でも怖い事件がありましたが。
この話しは凄い集中して観てました。凄
い最後の気になる作品でした。

この前「ボーダーライン、報道されない
殺人者」では南米の工場経営者が工場の
女従業員を強姦して殺害するという映画
がありました。

それは日本から遠い話しだとどこか思っ
ていました。ところが、韓国でありまし
た。ここでの殺人の動機がいまいちわか
らない状態。

この作品の中でもそのシーンが出てきま
すが、この殺人者には動機がないんです。
ただ、人を衝動的に殺してしまう。全然
わからない殺人者。

この作品がこれまでのこういう作品と違
うのは大体事件の全体を描いているので
すが、これは事件の一部を詳しく描いて
いることです。

はじめに観た時はよくあるパターンだと
思ったのですが、ここでは一人の売春婦
の人権を守って奔走する元刑事でデリヘ
ルの経営者。

韓国って、ニュースでもあったようにこ
ういう売春が横行しているようですね。
そんな韓国の姿も見えてくる作品。

とにかくここで出てくる殺人者は人を殺
すことにためらいも持たず殺してしまう
とう残虐な犯人。邪魔なものはすぐに殺
してしまいます。

棒やオノで虫を殺すかのようにボコボコ
に殴って、その姿は残虐でできれば、映
画だけの世界に思いたかったです。とこ
ろが実話とか。

久々に見た韓国の熱い映画でした。
スポンサーサイト

テーマ:アジア映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。