movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消されたヘッドライン
勝手に点数60点

2009年、洋画のサスペンス。ラッセル・
クロウ、ペン・アフレックなど出演。イギリ
スの政治家と企業の癒着の話し。海外でも政
治家が絡むとドロドロとした話しに。

ラッセル・クロウは「グラデュエイター」で
知ってとても好きなった俳優なんですが、口
が臭いとラッセル・クロウとキスを拒んだ女
優の話しを聞いて、それからラッセル・クロ
ウの作品を観なくなりました。

はじめはいまいち内容がつかめない話しでし
たが、最後の方になるにつれてわかってくる
作品。企業は軍事関連の会社が政治家にスパ
イを送るという話し。

政治家は殺人を犯してしまうという物語。ク
ライマックスで企業でなく、政治家が犯人だ
と言うことがわかるのですが。誰が犯人か、
最後まで気になる作品です。

最後の最後でまた、話しが展開する話し。こ
の作品は最初を少しと、最後の30分を観れ
ば良い作品でないでしょうか。それなりにお
もしろかった作品だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。