movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アマルフィー 女神の報酬
勝手に点数55点

2009年、邦画のサスペンス。織田
裕二、天海祐希、福山雅治、大塚寧々、
など出演。制作を全てアマルフィでし
たので凄いかかったとか。

官僚が主人公のドラマですが…今のご
時世、官僚を良いように描くのはどう
かと思います。ここでの主人公の黒田
は素晴らしい人ですが…

実際外務省という最低な省庁のひとつ、
北朝鮮問題を放置してきた外務省がこ
こで描かれている黒田のような人とは
全く正反対の人らの集まり。

それをこんな一人の人間を助けるため
に動くという全くありえない話しを描
かれてとんでもない物語だと感じました。

この物語を作ったフジテレビは何を考
えているんでしょう。

それで制作費がかかっているだけあっ
て出演者だけでも凄いお金のかかって
いることがとても感じる作品。福山雅
治をちょい役は驚きです。

織田裕二の力とでも言うんでしょうか。
ヒローインを務める天海祐希ですら、
主役の人。織田裕二は日本のトム・ク
ルーズのような人になりました。

これだけの俳優、女優を使って、よく
言われている織田裕二の人間関係は大
丈夫だったんでしょうか。誰とも衝突
するという・・・
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。