movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
重力ピエロ
勝手に点数69点

2009年、邦画サスペンス。加瀬亮、
岡田将生、小日向文世、鈴木京香、吉高
由里子など出演。「重力ピエロ」という不
思議なタイトルがとても気になった作品。

ココからネタバレあり。
ある夫妻が結婚して、妻が間もなく、強
姦にあってしまう…その夫婦にも二人の
子供ができた。

それは兄と弟の兄弟。二人は薄々は気付
いてはいたようだった弟が母が強姦にあ
った時の子供。二人は静かな生活を送っ
ているかのように思っていたが。

ある時町に落書きがされる。その後すぐ、
その地域で火事が起こる。その落書きを
する消す仕事をしていた弟。二人はある
時母を強姦した男を見つけた。

こんな内容の物語、ここで弟は強姦魔の
父のことで悩んでいた。また、育ての父
は弟は自分の子供として育てていたし、
その気持ちは揺るがなかった。

それで兄も実はこのことで悩んでいて、
その強姦魔を殺そうかと思っていた。家
族みんなが家族のことを想っている家族
の物語。

【ココから結末バレあり】
そんな弟は実は連続火災魔の犯人だった。
それは強姦魔の父が強姦の犯行を行って
いた場所だった。

ある時弟は強姦魔の父を放火の中で殺し
た。しかし、最後は放火事件の犯人は警
察が見つけず、弟が兄に自首しようと告
白した時に兄は弟の自首を止めた

兄は弟に「おまえも真面目に悩んだんだ
から」と言って。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。