movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コール
勝手に点数55点

2002年、洋画のサスペンス。ダコタ・
ファニング、シャーリーズ・セロン、ケビ
ン・ベーコンなど出演。ダコタ・ファニン
グが好きなので観た映画。

ここからネタバレあり
この物語は父、母、娘と3人共、人質に取
られてしまう物語。それでそれぞれが犯人
から逃げ出そうとする。

おもしろいのは被害者と警察VS犯人では
なく、被害者とその家族VS犯人という形
がおもしろかった作品です。犯人が3人。
家族が全員犯人の監視下になってしまう。

それで子供はぜん息で夫は医者、妻は主婦
という設定です。ここでキーワードは子供
のぜん息。ぜん息だったために犯人は母と
子供を会わせないといけなくなった。

そこから犯人の誤算が始まった。そのため、
犯人たちの計画はどんどんくるっていく、
しかも犯人の作ったルールもどんどんくる
っていってしまう。

犯人はその家族のことをよく知っていた。
夫が働いていた過去の病院など。犯人と
被害者の意外な関係があった。

【ここから結末バレあり】
犯人は過去にその被害者の家族の夫に自
分の子供が殺されていた。

犯人はその復讐で身代金を要求して、そ
の家族の子供を殺す計画だった。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。