movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シルク
勝手に点数80点

2006年、台湾のホラー。江口洋介
など出演。台湾の俳優や女優ばかりな
のであまり知らない人ばかりでした。
今までの中では新しい感覚のホラー。

台湾の物語のせいか日本のイメージが
とても良いイメージで映されていると
思います。ホラーなので全体的には暗
い感じですが。

日本の技術がとても優れてるような映
され方をしていました。最近ではコン
ピューターなどの技術は台湾の方が技
術が優れているように思うんですが。

ココからネタバレあり
何が新しいかと言うと、日本の技術で
霊を見ることが可能になってその霊を
観察するという江口洋介演じる橋本。

そして、霊が人を殺したり、霊の生活
まで映し出したりしている映画。霊が
やはり人を殺すシーンは怖く作られて
います。

台湾の作品のせいか日本にとても影響
を受けていることの感じる映画でした。
まずはこの作品で磁力を操作して霊を
見るという設定。

この設定は以前に邦画の「黄泉がえり」
での設定と同じで、磁力によって霊が
見えるという。その後の作品なのでき
っと影響を受けていると感じれます。

また、霊が人を殺すシーンは「リング」
でのシーンと同じなんですが「リング」
では貞子が現れて殺すシーンは1回だ
けですが、この映画ではたくさんでした。

貞子のあの怖い顔や表情が何回も出て
くる作品。おもしろいのは幽霊の子供
跡をついて行ったり・・・新しい感覚
でした。
スポンサーサイト

テーマ:アジア映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。