movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボーリング・フォー・コロンバイン
勝手に点数60点

2002年、洋画のドキュメンタリー。
マイケル・ムーア監督作品。というか。
この監督はこの作品が全てのような…
この衝撃的な作品だけで有名?

中身を観ると映画ではないですね。調べ
たことを、淡々と映し出されているよう
な。もちろん、かなり衝撃的です。銃社
会、暴力国民を訴えています。

でも…マイケル・ムーア監督の太り方が
気になって、いまいち信用ができないと
感じてしまう作品。なんかダメな人が愚
痴ってるようなイメージに。

とは言え、最後まで観て言ってることは
間違ってないように思います。全体を通
してアメリカの銃社会の批判をしていま
す。そして、学校の銃事件を取り上げて。

あの事件はガス・ヴァンサント監督が描
いた、「エレファント」の学校でしょうか。
学校の食堂らしきところで生徒を殺して
いる映像が映し出されていました。実に
陰惨で生々しい映像でした。

また…戦時中の銃殺のシーンをそのまま
使ったり。あと、カナダ人とアメリカ人
の暴力事件の差とか。アメリカ人が圧倒
的に多いと。

カナダとアメリカの隣接してる都市でも
全然環境も違うと、アメリカ側は鍵を3
つもつけないといけないのに、カナダ人
は鍵もかけないとか。この差など。

また、日本を例に挙げてました。それは
ゲーム、暴力ゲームを作っているのは日
本人と。あと、アメリカ人の戦争の多さ。
凄いアメリカを批判していました。

最初の方に言っている銀行が口座を開い
た人に銃をプレゼントするとか、確かに
あんなに簡単に銃を手に入れれると、殺
人が起こっても仕方がない。

また、カナダですけどカナダも同じよう
に手に入れるのは簡単ですが、やはり銃
犯罪はそんなにないとか。とにかくアメ
リカの銃社会はかなり問題ですね。

日本もあんな風にならないように銃の所
持者を取り締まってほしい。マイケル・
ムーア監督はかなりの自虐症と言うこと
で・・・
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。