movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レディ・ジョーカー
これは悪役が主役なのかな。渡哲也、吉川晃司、加藤晴彦など、出てる俳優達はほぼ有名な人ばかりでした。そして、ゆすられる会社側の人に長塚京三、岸辺一徳などが演じてて、長塚京三の演じ、社長の側近のような人を演じる岸辺一徳がかなりよかった気がする。たんたんと身代金を出す手続きなどを済ませていく姿ができる役員をを演じていた。ここでは渡哲也が誘拐犯のボスなのですが、身代金を要求する会社に過去に差別され孫を亡くした恨みをはらすのですが、渡哲也って良い人の役ばかり演じてるのか、犯人役にしては影が全くなかった感じで少しミスマッチだった気がします。吉川晃司は逆に犯人役が凄くあってました。渋く役を演じてハマっていました。原作がかなり良いのか、これだけ良い人が出てるのでそれなりに良くしないといけないのか、普通におもしろかったです。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。