movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボーダーライン報道されない殺人者
勝手に点数69点

2006年、アメリカのサスペンス。
ジェニファー・ロペス出演。現地では
2006年に公開されている様ですが、
日本には2009年にDVD化の様子。

南米の深刻な問題。工場で働く女性が
バスで帰宅途中に必ず強姦され、殺さ
れるという事件が起こった。もちろん、
治安の悪いメキシコだからこそですが。

そんな遅れているメキシコを理由に犯
罪が犯される。そんな実態を描いた映
画。新聞記者を演じるジェニファー・
ロペスはそんな事件を暴こうとする。

ここからネタバレあり。
ここでの被害者は少女。本来は犯人は
犯行に及ぶと被害者を殺し、埋めて、
墓まで作っていた。

しかし、この少女は殺されず、生き返
った。そこからこの事件の真相を暴く。
事件を探るにつれて、だんだんとメキ
シコの権力者のところに辿りつく。

少女を強姦した男を明らかにしたいと
するが何かの力が邪魔をする。そんな
時協力してくれていた新聞の代表が銃
殺される・・・

その犯行に凶暴していたバスの運転手
は捕まったが、結局強姦を続けている
犯人は捕まらなかった。そんなメキシ
コの闇の世界を描いた映画。

ココでは犯人はその工場の設立者のよ
うだったが、何かの力でモミけされて
しまった。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。