movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1408号室
勝手に点数70点

2007年、洋画のホラー。スティーブン・
キング原作。サミュエル・L・ジャクソン、
ジョン・キューザックなど出演。実は緊
張感のある凄くおもしろいと感じた作品。

久々のスティーブン・キング作品でとても良
かった作品。それでもっと良い点数をつけた
いのですが、「シャイニング」と良く似た作品
なのでちょっと厳しくつけました。

スティーブン・キングが作品は良いように思
えるですが意外とおもしろくない作品も多い
です。でもそれはスティーブン・キングのせ
いではないかもしれません。

スティーブン・キングの作品は作る監督によ
って善し悪しがほんと、変わってしまう人、
監督の描き方によって凄くよくなったりする
原作者。

ここからネタバレあり
タイトル通り、部屋の幽霊の話し。そして、
キングはその物語のキーワードを変な言葉
に置き換えることが多い。

ここではその部屋の悪魔を「邪悪」と言う。
この表現は他の作品でも使ってことがありま
した。だから、理解することがすぐにできま
した。

この作品のおもしろいのは主人公の心にある
闇、暗いものが現れてくる。過去に死んだ娘
だったり。そんな心理的な描写がとてもおも
しろい内容になりました。

最後は・・・離婚間近の妻と、とあることが
現実になる話し。凄い心理描写でした。主人
公の服にかかれた「PHYCHOLO」とい
う言葉がそんなことを物語っている作品。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。