movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キングコング
勝手に点数90点

2005年、洋画のSF映画。ナオミ・
ワッツ、ジャック・ブラックなど出演。
ジャンルはアクションのような、アニメ
のような感じの映像。

昔に観たキングコングがとても変わっ
て誕生した作品。キングコングや大ト
カゲ、虫などがとてもリアルに表現さ
れています。

そのリアルさに今の映像の技術に驚き
ました。ジュラシック・パークやいろ
んな映画で最新の技術を観ていても驚
く作品でした。

それでは大絶賛したいと思います。昔
のキングコング、あの時はおもしろい
と感じましたが、やはりあのキングコ
ングはおもしろかったと再認識しました。

そして、ここでのほぼ主人公のナオミ・
ワッツがとてもきれいな女優さん。い
つもブログで嘆いているのはこの差で
す。海外の女優さんはとにかく完璧。

悲しいかな日本は芸能二世ばかりでこ
んな上質な女優さんがいないのです。
女優は二世が少ないかもしれませんが、
なんかいまいちな女優が多い。

それ比べこのナオミ・ワッツはキレイ
だし、スタイルも完璧、ダンスや歌も
うまい?そこはわかりませんが、とに
かくとても良い女優さんでした。

そして、この頃のあの頃の物語はベタ
にわかりやすい物語でしたが、とても
おもしろい内容でした。勝手につれて
こられた巨大ゴリラがかわいそうな目に。

日本で言う宮沢賢治の「オツベルと象」
のような作品。この頃の物語は純粋で
とてもわかりやすい普遍的な内容。今
観てもとてもおもしろかったです。

何も悪くないキングコングがいきなり
都会に連れてこられて、見世物にされ
て・・・逃げ出すキングコングを殺そ
うとする人間。

今のペット社会を風評してるような作
品。さらにおもしろい内容が大きな生
き物が生息するジャングルでサバイバ
ルをした物語。

そして、都会に無理矢理連れてきてか
らのキングコングとのやりとり。主人
公との感情が生まれてるヒューマンド
ラマ的な内容など、とても良い物語。

最後はたくさんの戦闘機に追われて殺
されてしまうとても切ない結末に。何
個も物語が重なり、昔はこんな物語が
あったんだと思い出させた作品。

このナオミ・ワッツ主演の2005年の
「キングコング」は凄い映像と物語で、
DVDで持っておきたい作品です。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。