movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ICHI
勝手に点数70点

2008年、邦画の歴史アクションという
感じの映画。綾瀬はるか、大沢みきお、竹
内力など出演。一見、綾瀬はるなを話題に
した映画と思いつつ、おもしろい映画でした。

ちょっとまず、出演者の中で中村獅童氏。
何個も映画に出ているので確かに演技は凄
くうまくなっているのですが、本当にこの
人のヴィジュアルでよかったんでしょうか。

やはり映画に出るのはヴィジュアルもとて
も大切でこの人は家がずっと芸能の家族で
どんどん映画に出演していますが、そんな
に良い人には思えない人。

いつも良い役を演じていますが、ちょっとの
疑問詞つく俳優。こんなに2世がドラマや映
画に出るなら視聴者もそろそろ離れていくよ
うに思えます。

そして、綾瀬はるか、「雨鱒の川」で目の
見えないヒローインを見事演じていました。
今回この「ICHI」では素晴らしい演技
でした。

ボケキャラとよく言われますが、器用な女
優さんのように思えます。映画の中で三味
線を演奏しながら歌うシーンが何ヵ所が出
てきますが歌もうまかったです。

ブルースとか歌うといいかもしれません。
いわゆる、時代劇ですが、使われてる音楽
とかは今っぽい映画で古さを感じない映画。
若者を取り込む作戦?

ワーナー配給になっていたので、きっと、
外国人に観やすく作っているのでしょう。
あえて、演歌とか、日本の時代劇のよう
に作ってほしかったです。

が、その分とても観やすい映画でした。
主人公の目の見えない女浪人とも言うん
でしょうか。このイチがつわものを斬り
まくる物語。

最後は悪党の親分を倒してめでたし、め
でたしというエンディングなんですが、
けっこう感情を揺さぶられるシーンが目
白押しで最後はなんとも言えない気分に。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。