movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毛利小五郎探偵廃業の日(前編) / 名探偵コナン
2009年7月11日放映分。毛利小五郎が
逆さになって寝ていた。悪夢でうなされてい
たとか。その日床前小百合というお金持ちに
依頼されていた。

強盗に襲われないようにボディガードをして
ほしいとの事。探偵はボディガードではない
のでそんな依頼は受けないと断っていた。そ
の人は毛利小五郎が亡くなった亭主にそっく
りだと言う。

そんな時探偵の依頼の仕事の電話がかかって
きた。その電話は「蒲生良造と言う。ア
リバイ証言を探してほしい」という依頼だっ
た。明日午後7時に会う約束を入れた。

先の依頼人に断りを入れると、床前氏は不満
そうで毛利小五郎をプロレス技をかけた。毛
利小五郎は蒲生という依頼人と料理屋で待ち
合わせていた。

毛利小五郎は依頼人が遅れると連絡を聞いて、
そこで料理を食べていた。そこへ蒲生良造が
やってきた。蒲生良造はある事件の容疑者に
上がっていた。

その時蒲生良造はあけぼの町へ居たという。
しかし、容疑者になってしまうので家に居た
と警察に嘘をついてしまったという。それで
蒲生良造をあけぼの町で見た人を探してアリ
バイをちゃんとしてほしいという。

毛利小五郎と蒲生は料理屋で飲み食いして、
ご機嫌になって料理屋を出ていった。それで
次の日から蒲生良造から蒲生良造を見たとい
う人が現れたかという催促の電話が毎日かか
ってきた。

そんな時蒲生良造が自殺した。前の日に蒲生
良造は「もう絶望だ」と言って電話を切って
いた。美術商の殺人容疑がかけられていた。
それで自殺したのだと言う。

目暮警部たちが現場検証をしていた。久本と
いう刑事が蒲生さんを過去に誤認逮捕をして
しまった苦い経験があるという。その時美術
商の殺人犯が逮捕されたと言う連絡が入った。

蒲生さんが自殺した森の中は暗いところだっ
た。毛利小五郎は「なぜ暗い森の中で自殺し
ないといけなかったのか、別に家でもよかっ
たのに」と言った。

蒲生さんの自宅へ行った。蒲生さんの甥が
「自殺なのに他殺だ」と言いはった。外へ出
ると報道陣がたくさん居た。東陽スポーツの
山根という男が毛利小五郎に「依頼人を死な
せたのでないですか」と言っていた。

コナンと蘭は警察しか知らないことをなぜ、
この人が知っているのかと思った。警察は絶
対に秘密は漏らさないのにと・・・毛利小五
郎は新聞にでかでかと出ていた。

毛利小五郎は依頼がたくさん来ると浮かれて、
競馬へ行った。毛利小五郎はそこでかつての仲
間、竹岡と再会した。竹岡も警察を辞めていた。
それは蒲生氏を誤認逮捕したその人だった。

蘭とコナンがキッチンで竹岡の持ってきていた
おみやげをあけていた。中身は動物クッキーだ
った。「昔からこれだと」蘭が言った。毛利小
五郎と竹岡が事件を探ろうとしていた。

出ていこうとすると前に来ていた床前という女
性が待ち伏せをしていた。「事件が解決したか
ら依頼を受けてほしい」と言う。毛利小五郎が
「今から忙しい」と言うと不穏な表情をする床
前。毛利小五郎が竹岡に「今まで何をしていた
んだ」と聞いていた。

二人は蒲生の会社についていた。そこには蒲生
の雇っていた社長、土田と話していた。「蒲生
は全部わたしにまかせきっりでした。オーナー
の私生活は知りません」と話していた。

土田は「私生活のことは甥にでも聞いてみたら」
と言って、再び蒲生の親類へ会いへ行った。さ
っき会った蒲生の甥の新井と会った。その時に
毛利と竹岡は新井のことを少し調べていた。

毛利と竹岡は新井がバーで「叔父きが亡くなれ
ば遺産が全部入る」と言っていたと証言を取っ
ていたので、そのことをアライに言うと。怒って
追い返した。

毛利と竹岡は次は東陽スポーツの山根のところ
へ行って、誰から情報を聞いたか聞いていた。
そしたらでどこは新井だった。そのことを知っ
た二人はすぐに新井のとこへ行くと、新井は自
殺していた。

すぐに目暮警部が来た。死亡推定時刻が昨夜の
9時から10時の間だと言う。毛利小五郎はこ
自殺が蒲生を殺した証拠だと言う。高木警部が
隣人を連れてやってきた。

蒲生氏が亡くなった夜新井は部屋に居たという。
その隣人はその時新井が何かわめいていたいた
と言う。それは夜の8時だったと言う。蒲生氏
の死亡したところへいけないと言う。

この時に毛利小五郎は無罪の人を殺してしまっ
たということになった。毛利小五郎は潔く報道
陣の居る中へ出ていった。竹岡に「昔みたいで
おもしろかったよ」と言って。

毛利小五郎の誤認で自殺に追いやった記事がど
の新聞にも載っていた。毛利小五郎は電話で目
暮警部に「看板を下ろします」と話していた。
そんな時物陰からそのこと聞いた何ものが走っ
た。
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。