movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富江 最終章 禁断の果実
勝手に点数55点

2002年、邦画のホラー。安藤希、
宮崎あおいなど出演。富江の続編。富
江の一作目は怖いような怖くないよう
な微妙な作品でした。

この作品も期待せず観ました。やはり
いまいちな作品でした。どこかリアリ
ティがなく、コメディとすら思ってし
まう作品。

先に出演者、安藤希が出ていたので、
そういう意味では期待しました。宮崎
あおいより安藤希の方がたくさんの映
画に出ていたので期待しました。

いつ、宮崎あおいがあんなにメジャー
になったのかさっぱりでした。有名と
いう意味では映画にたくさん出ている
安藤希の方がよかったのですが。

ここでは安藤希がある意味主人公の富
江の役を演じていました。それでその
友達役を演じる宮崎あおいのとみえ。
その父は昔富江のことが好きだった。

その富江が現れた。この辺からなんと
もチープな物語になっていきました。
幽霊がどうどうと出てくるとあまり怖
さを感じなくなってしまいます。

しかし、いじめられてるとみえは富江
に尽くす。唯一の友達だから。しかし、
その富江をとみえの父親は富江を殺し
てしまう。

元々幽霊の富江は死んでも頭だけで生
きていた。そして、普通に話したりす
る。しかし、とみえも富江から離れる
ことに・・・
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。