movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪盗キッドVS最強金庫(前編) / 名探偵コナン
2009年6月13日放映分。今回は
怪盗キッドの話しをTV放映で久々に
登場しました。前の続きで高木刑事が
犯人に撃たれてるところが回想される。

高木刑事は麻雀パイで危うく助かった。
高木刑事の撃たれた事件は新聞の記事
になっていた。毛利小五郎が高木刑事
に推理がよかったと恩をきせていた。

高木刑事は佐藤刑事のことで感謝して
いた。蘭とコナンに冷やかされていた。
怪盗キッドを追っている刑事が一緒に
いた。中森警部がいた。

「良い気なもんだな」と愚痴っていた。
「最近キッドがおとさたがない」と言
うと、毛利小五郎が「知らないんすっか」
と言った。

「園子のおじ、鈴木財閥の次郎吉に挑戦
状を送っているの」と続けて蘭が付け加
えて新聞を見せながら言っていた。鈴木
次郎吉のところにはマスコミが押しかけ
ていた。

鈴木次郎吉は「幕末のカラクリ師、サミ
ズキチエモンが作った金庫を怪盗キッド
がその鉄タヌキの扉を開けると予告状が
きた」とマスコミに話していた。

すぐに中森警部がやってきた。中森警部
は「なぜ、先に警察に言わない」と怒鳴
った。次郎吉は「送ってきた怪盗キッド
に書いてる自画像がいつもと違うからこ
れは偽者だから警察に連絡しなかった」
と話した。

警察が屋敷の周りを警察が警備し始めた。
次郎吉は「凄い金庫だから警備は必要な
い」と。この金庫は次郎吉が「小さい頃
中に入ってよく遊んだ」と。

「中からは簡単に開けれるようになって
いる」と話した。そして、次郎吉は毛利
小五郎に一本たばこを要求した。そした
ら次郎吉の横からボディーガードの後藤
がタバコをチェックし始めた。

次郎吉はそのタバコを金庫のある部屋に
そのタバコを落とすと、その部屋は金庫
の周りに鉄ごおしが現れた。「だから、
警察も探偵も必要ない」と。

次郎吉は秘書の秋津に「たばこを始末し
ておいてくれ」と命令した。この秋津と
後藤は最近雇ったと次郎吉が言った。す
ぐに中森刑事がやってきた。

「警備をさせろ」と中森警部が言うと。
「必要ない」と言ってみんなを追いかえ
した。コナン達が帰ろうとすると鈴木次
郎吉邸のメイド、瀬戸が現れた。

メイドは「次郎吉の愛犬、ルパンが居な
い」と言うと。園子が「ルパンは入院し
た。メイドなのに知らないの」と話した。

そんな時「怪盗キッドの予告カードが金
庫の部屋に入っている」という声が聞こ
えた。すぐに行くと怪盗キッドの予告状
があった。

それにはタヌキの腹の中のものを頂きに
伺いますという内容だった。すぐにマス
コミが次郎吉邸にたくさんやってきた。
中森刑事は凄いやる気でいっぱいだった。

次郎吉は「偽者なのに」と言った。そこ
から中森刑事と次郎吉の喧嘩がはじまっ
た。この金庫に警備など全く必要ないと。

コナンが「今怪盗キッドがいてるんだよ
ね」と言った。「でないと、予告のカード
を部屋に入れることはできない」と。秋
津がまず疑われた。

コナンは「秋津だけでなく、メイドの瀬
戸もボディガードの後藤も可能。最近、
雇われたから怪しい」と。中森が「顔を
伸ばして正体をばらしてやる」と言うと。

「いかん」と次郎吉が言って、「こいつら
は家族同然だからそんなことは許さん」と
言っていた。園子は「いつもの次郎吉おじ
さんと違う」と言った。

「いつものなら怪盗キッドを返り討ちにし
てやるとか言うはずだ」と。コナンも確か
に怪しいと思いはじめていた。何か裏があ
ると。
スポンサーサイト

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。