movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新たな傷口と口笛の男 / 名探偵コナン
2009年5月16日放映分。20年前に
二人、15年前に一人殺人された事件。そ
の犯人は刀で松本管理官に目の上に傷を負
わせた。

一方、犯罪心理コメンテイター平棟は犯人
を挑発し続けた。コナンはあゆみちゃんの
住むマンションに来ていた。そのマンショ
ンには平棟も住んでいた。

コナンは高木刑事にすぐ電話していた。コ
ナンが口笛の男がこのマンションに来てい
ることを知って、平棟の部屋へ向かうと電
話していた。コナンは平棟の部屋へ着くと
平棟は死んでいた。

背中に「Z」の文字が書かれていた。それ
で高木刑事は例の連続殺人犯であると断定
していた。目暮警部も文字を刻んでいるの
でほぼ、例の犯人と推理していた。

佐藤刑事、白鳥刑事、千葉刑事もそれぞれ
報告していた。コナンは突然、コピー機を
仕事にしてる人が犯人だと推理していた。

それはPCの「CTRL」と「C」のキー
に血がついていたという。それで平棟の左
手に血が付いていなかったという。それは
犯人がコピーに関係する人だと言う。平棟
がわざわざ右手で残しているので死んだ平
棟のダイニングメッセージだと話す。

高木刑事が「コピーバンドしてる人とか」、
その時に「そんなバンドいっぱいあるぞ」
と松本管理官が入ってきた。それで森村と
いう刑事が殉職した時の話しをしだした。

その森村刑事が見たという。「犯人らしい男
が涙を流してその口笛を吹いていた」と言
う。その口笛の曲はその時一世風靡した曲
だと言う。

高木刑事が張り切って捜査にでかけた。そ
の張り切っている理由は佐藤刑事が「この
事件を時効前に解決したら温泉へ一緒に行
こう」と言ったことからだった。

これを知ったコナン達、少年探偵団。嫌味
を言う探偵団たち。そんな時車は被害者の
家についた。高木刑事とコナンが家で話し
を聞くことになった。

大きな病院の医者の大川さんだった。それ
で残された奥さんに平棟のことを聞いた。
知っていたがそれはTVのことを知っての
ことだった。

それで大川さんは殺される前に「くそ、泣
き虫。泣き虫って言いやがって」と酔って
ぼやいてたと話す。奥さんは「子供の頃の
友達と会っていたのでは」と言う。

次の被害者、理工学部、麦田さんの弟のと
ころへ行った。弟さんは「土曜の夜はよく
朝帰りしていた。それで奥さんが電話する
と怒って今医者行ってんだ」と話す。

その5年後に殺害された息子さんの家へ行
った。この事件がまだ、時効になってなか
った。その息子さんは犯行時に起きていて
知っていたと言う人だった。

その息子、鍋井永貴の家に着いた。会うと、
怒って高木たちを追い返した。高木刑事は
以前の目暮警部が話しを聞いてたことを話
しだした。

その時に話していたことは「ゆうべも親が
はねられて大変だったよ」と被害者の鍋井
弁護士が言っていたという。それでコナン
が気付いた。これらの言葉は麻雀用語だと。

それで麦田は本当はこう言ってたのに気付い
た「イーシャンテン」なんだと言っていたの
を麻雀の知らない人は聞き間違えただと。

残っていた資料で鍋井の息子もその時に「犯
人は麻雀用語を話していたこと」ことを思い
出していた高木。コナンは「待っていろ、口
笛の男俺がお前をつかまえてやるからな」と
つぶやいた。
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。