movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京タワー
勝手に点数60点

~ オカンと、ボクと、時々、オトン ~

2007年、邦画のドラマ。リリー・
フランキー原作。オダギリ・ジョー、
樹木希林など出演の有名な作品。ドラ
マにもなった作品。

ドラマで作品を観ていただけに、結末
がわかっていて、なおかつ、ドラマと
比べてしまったのでこの点数に。ドラ
マの方がよかったと感じました。

まず、主役がオダギリ・ジョーの演技
が上手すぎて、かっこいい演技をして
いるのですが、ここの主役の息子はダ
メ息子。

だから、速水もこみちの弱い主役、演
技の方が合っていたと思います。それ
からそこぬけに明るい元気なオカンが
癌に侵されて、だんだんと元気がなく
なっていく役ですが、はじめは凄い感
情良く、明るく演技をし、病気になっ
ていくと体の悪い人を演じた倍賞千鶴
子の方がよかったと思います。

監督の意向なのか全体的にかっこいい
映画を意識したのか、登場人物をあん
まり表現しきれてなかったように思い
ます。もちろんドラマがあったので比
べれるのですが。

樹木希林はCMなどでおもしろい役を
演じているので倍賞千鶴子のようにで
きたと思うのですが、映画版では静か
な母親だったように思います。

最後はオカンが亡くなるというシーン。
どっちも素晴らしく悲しいシーン。でも、
いつかは別れなければいけないというみ
んなわかっていることですが、自分の母
親と、もしくは自分と重ねて観てしまい
ます。別れる瞬間は一体・・・と・・・

この映画のオカンは子供への愛情を深く
持っていて、すべては息子のために小さ
い時からささげてきたオカン。そして、
オカンのために尽くした息子。

凄い感動する映画です。東京タワーとい
うのは東京タワーがまだ、できるかでき
ていない頃に生まれた子供。ずっと、一
緒に東京タワーと生きてきたという感じ
の物語。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。