movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去を呼ぶ傷跡 / 名探偵コナン
2009年5月9日放映分。前回の続きで
お嬢様が宝くじで1億円当てた。それでそ
の宝くじを30年前に助けたもらった初恋
の人にあげたいという。

毛利小五郎にその人を探してほしいと依頼
に来たが、すでに候補の人が二人居た。一
方、目暮警部から一文字の傷のある連続殺
人犯がいることを聞いた。

そこにいる候補の人は胸に傷のある人、背
中に傷のある人。それともう一人執事の神
谷の背中にも一文字の傷があった。それで
3人の候補になったわけである。

また、容疑者も3人となった。神谷の背中
の傷は小さいものだった。その殺人犯は時
効まじかだった。その犯人はかなりの用心
深かったらしい。

乗り捨てられた車に指紋や、斬りつけられ
た傷の血痕すら出てこなかったという。そ
れでお嬢様を助けた少年は寿司と焼きそば
が好きであだなが「ガリ」だった。

コナンはここであることに気付いた。それ
はガリはしょうがのガリという意味。お嬢
様が「夜食の準備をした」と伝えに来た。
「それは寿司でない」とコナンが聞いた。

コナンは何やらお嬢様に話しをしていた。
そこへ執事も居た。執事の神谷の寿司も用
意されていた。ここで2人の候補は寿司の
タイが天然か養殖かで言い争いになった。

その時コナンが毛利小五郎を使って「天然
か養殖かはどうでもいい」と言った。候補
の二人は「これは重要なことじゃないか」
と言い返した。

「お嬢様の思い出の少年は間違えたおつり
を返しに行くくらい真っ正直な性格。それ
で今回の宝くじは人のもの、それを取ろう
している二人はその少年にあてはならない」
と毛利小五郎が言いはなった。

それから毛利小五郎は「疑問がある」と言
った。「小学生の時におった傷は15センチ
程度。傷は大人になっても成長しない」と
指摘した。

茶髪の男はガリガリだった。だからあだ名が
ガリだと。色黒はがり勉だったからガリだと。
毛利小五郎がこう言い出した。「実はその少年
は焼きそばにたくさんのしょうがを乗せて食べ
ていた。ジンジャーエールが好きで、パックの
寿司が好きだったと。それはしょうがが好きだ
ったのでガリというあだ名だ」と。

毛利小五郎は続いて、「その少年は神谷さんだ」
と言った。神谷も「宝くじの1億円も人のものな
ので受け取れないと言った。それでお嬢様は神谷
がその時の少年だと気付いていた。

お嬢様が神谷に毛利の背中を流さるのは毛利に
神谷を見つけるためだった。やっと神谷はお嬢
様に名乗り出ることになった。それで傷のある
二人は出て行こうとした。

すぐに目暮警部が入ってきた。「連続殺人の犯
人がここに居て、そいつには傷がある。そいつ
に興味がある」と。すぐに松本管理官も入って
きた。

それですぐに「今回毛利のメールで犯人がわか
った」と。「普通だったら傷を負うと人は傷を手
で抑えるはずだかこの犯人は抑えなかった。だ
からルミノール反応が出なかったのだ」と。

「それはその犯人は手が届かなかったのだ」と。
「つまり犯人は背中に傷のある茶髪の男、楠本
だった。背中にある傷は手が届かなかったからだ」
と。松本管理官が楠本を責めた。

「それでその犯人は口笛を吹いていた」と。楠本
は「その犯人に真似たのだ。口笛はその時に流行
ってた歌だから」と言った。取り調べたところ、
楠本はその事件があった時海外に居た。

楠本はサウナであった男の武勇伝を聞いて真似を
したと話した。その時にその犯人に警視が殺され
ていた。その人は目暮警部が刑事のいろはを教わ
った恩人だった。目暮警部はやっきになっていた。

その時その殺された森村警視が言っていた。「松
本、この事件には何かある」と。松本管理官は、
「何があると言うのだ、森村」と森村警視に問い
かけていた。

高木刑事と佐藤刑事がいちゃいちゃしていた。少
年探偵団に見つかった。佐藤刑事が「時効までに
その犯人を捕まえたら一緒に温泉へ行こう。わた
しを温泉へ連れて行って」と高木刑事に言っていた。

コナンはすぐにその時の様子を聞いていた。最初
の事件は20年前、被害者は医者の大川さん。凶
器は大川さんが所持していた日本刀。次に殺され
たのが帝都大学、理工学部の教授、麦田さん。凶
器は同じ日本刀。それからその事件を追っていた
刑事さん。そしてその5年後、ナベイさん。ナベ
イさんはスタンガンで失神させられた後包丁で殺
された。

5年後の事件がなぜ、同一犯だと思ったのか、高
木刑事と佐藤刑事に聞いていた。丁度そのことを
話しているTVがやっていた。TVで挑発してい
た。そのTVの人はあゆみちゃんと同じマンショ
ンだと言う。

灰原が「エントランスで妙な男とすれ違った」と
言った。それで口笛を吹いていたのだと。コナン
はTVのヒラムネさんの挑発に乗って犯人が出て
きたのだと思って焦って出ていったコナン。
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。