movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蛇にピアス
勝手に点数49点

2008年、邦画のドラマ。吉高由里子、
高良健吾、ARATA出演、金原ひとみ
原作、蜷川幸雄監督の作品。原作は芥川
賞受賞作品。

以前にも蜷川幸雄の作品を観たのですが、
いまいちでした・・・1回目だったら普
通の評価をしてもいいように思ったので
すが、こう続けて駄作を作ると・・・

原作の「蛇にピアス」自体は凄い期待し
ていた作品だったのですが、蜷川幸雄が
描いたのがちょっとよくなかったように
思います。

この人が描くと退屈で暗くて、それで今
回、ちょっと考えてみました。おもしろ
い作品に比べ、無駄なカットが多すぎる
のでどうしても暇な時間が増えてしまう。

それでいて、全体的に暗く・・・映像を
観ているうちに次の展開がわかってしま
うのでまた、暇が生まれてしまう・・・
ほんとに鬼才?

ただ、この作品は蜷川幸雄しか映像化で
きないのも確かです。ヌードシーンがた
くさん出てきます。女優はなかなか引き
受けれない仕事だと思います。

有名な女優が出ていても脇役だったり、
蜷川幸雄といえばロマンポルノ時代の監
督さん?ちょっと年がその頃の録ってい
た監督にしては若いように思えますが。

SEXシーン、しかもSM・・・これは
なかなか録れないと思います。それとも
この監督がただ単にこんな作品を録りた
かっただけ。

ここからネタバレ
ギャルと呼ばれる娘がタトゥーを入れる
話し。それで付き合ってるパンクな彼氏
と刺青師と二股をかけてる娘の話し。

彼氏の名前、年齢など知らず付き合って
いた。そんな時彼から舌にピアスをつけ
るよう勧められる。その後その店主はタ
トゥーも入れていた。

ノーマルなSEXをする彼氏とアブノー
マルなSEXをする店主、二人と関係を
もってしまうギャル。いつしかアブノー
マルのSEXしかできなくなってしまう。

そんな若者の世界を描いた物語。監督を
変えてちゃんと観たい作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。