movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バリスティック
勝手に点数60点

2002年、洋画のアクション映画。ルーシー・
リュー、アントニオ・バンデラス出演の映画。B
級作品のような微妙な感じ。一応、そこそこの俳
優が出演している映画ではあるが・・・

アクション満載のこの映画。ルーシー・リューの
アクション?アントニオ・バンデラスのアクション?
どちらもアクション映画の似合う俳優、女優です。

なのでこの映画からアクションをとると何も残らな
いような映画。アクションはとても良い感じの映画
でした。ルーシー・リューはきれいなのかよくわか
らない女優でした。

確かにアクション映画の女優のイメージが強いので
ぴったりの役どころではあったのですが。アントニオ・
バンデラスもアクション色の強い俳優。二人のアクシ
ョンが凄い見所の映画になっています。

この映画が製作された頃と言えばワイヤーアクション
ばかりの映画が生まれていた頃だったので、ある意味
正統派のアクションをしているように見えるこの映画
がおもしろく感じてしまう作品。

ここからネタバレあり
ガントは妻を殺され、いないはずだったがある時妻が
生きているという情報が入ってきた。それでルーシー・
リュー演じる殺し屋のシーバーと敵対することになっ
たが、ある時本当の敵は他にあることを知る。

それでガントとシーバーが組んでその組織の男を殺し
に向かうという映画。最初から最後までアクション満
載の映画でした。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。