movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国の鳥人
勝手に点数69点

1998年、邦画のドラマ。本木雅弘、
石橋蓮司主演の中国を旅する物語です。
おもしろいところがたくあんあるので
コメディードラマと言った感じです。

はじめは地味な映画だと感じたのです
が、本木雅弘演じる商社マンと石橋蓮
司が演じるヤクザが旅を始めて道なき
道を旅し出してすぐ引き込まれました。

外国のことを伝えてくれる映画がとて
も好きです。旅の間に現地では実際に
本当にあるようなことが映されている
ので凄くおもしろかったです。

ここからネタバレあり。
例えば、車で移動中。車はボロボロ、
映画の設定ではドアが落ち、実はハン
ドルもとれていた。

また凄い濁流の川を渡るのにワイヤー
に車輪をつけて向こう岸へ行ったり、
中国の山の奥での凄い出来事が映し出
されています。

そして、とある村では人間が鳥みたい
に飛べるという伝説があって、先生が
子供に羽ばたき方を教えたり、そして
子供達は飛べると信じてる。

そんなとてもかわいい物語でした。村
での祭りで村人が踊ったり、そういう
意味ではおもしろい話しでした。
商社マンとヤクザが鳥の羽らしい作り
物で本当に飛ぼうとする話しでした。

【結末バレ】
結末は商社マンはその村ではずっと暮
らせなく、ヤクザはヤクザをやめそこ
で住んでいるという話し。

商社マンは子供ができ、その息子に鳥
になって飛べる感覚をあじあわせたい
と思っていた。それは商社マンが中国
の田舎で味わった想い出のことだと…
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。