movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
殺人犯、工藤新一 / 名探偵コナン
2009年1月19日放映分。アニメ7で
コナンが1時間特集に。暗い夜の小屋で怪
しい人がナイフを持って木の壁を刺してい
る。それはコナンの夢のようだった。

コナン、蘭、毛利小五郎に服部と和葉が車
でどこかへ行っている。それは推理ミスの
あった事件をもう一度洗いなおすという話
しをしていた。

服部のところにその手紙で依頼がきていた。
昔新一が推理ミスをしたいうものだった。東
大久穂村の屋田さんからだった。コナンはは
っきりと覚えていた。

コナン達は村に着いた。警察署に来ていた。
手紙の送り主、屋田真人は行方不明になっ
ていた。服部が工藤新一の口にしたとたん、
周りの人が白い目で見てきた。

突然、子供が「嘘つきの仲間だ」と言い出し
た。コナンは手紙で書いていた待ち合わせ場
所へ一人で行っていた。そこには携帯電話が
あった。その電話から工藤新一を呼んだ。

コナンが返事をすると、小屋の扉が閉まった。
コナンは風邪がひどくなってきて、博士から
もらった薬を飲んだ。それは灰原が試作で作
った小さくなる薬の解毒剤だった。

コナンは胸が痛くなっていた。閉じ込められ
たコナンは逃げようと焦っていた。灰原は博
士に声を荒げていた。「早く、コナンに連絡せ
よ」と。コナンは逃げようとして海へ落ちた。

コナンを探す毛利小五郎や服部たち。そした
ら村の人が湖に男が落ちていたと話していた。
行ってみると工藤新一だった。蘭と再会した
が新一は記憶を無くしていた。

服部が話しても「わからない」という工藤新
一だった。蘭が心配して「コナンも探さない
と」というと服部が「大丈夫」と言うと、そ
の言葉に疑問を抱いた蘭。

服部は「コナンは先へ帰った」とごまかした。
すぐに博士から電話が入った。灰原が作った
試作品の薬だと伝えた。服部が電話を切ってす
ぐ、「明日帰らないとダメ」と言い出した。

蘭はコナンが心配の様子だった。おそらく、蘭
はコナンが新一で、コナンがいなければコナン
が新一だという確信がほしいのではないだろう
か。それで異常に執着していた。

一年前の被害者の家へ訪れた。その家の子供は
新一のことを嘘つきと言っている子供だった。
その事件は家族が惨殺された事件だった。服部
と毛利小五郎が調べ始めた。

部屋は荒らされてる状態だった。屋田まことの
友人氷川萌生が現われた。工藤新一が下した推
理は村長一家が心中したと結論づけたと教えた。
次は新聞記者の河内深里が現われた。

その時のいきさつを話しはじめた。村長は癌だ
った。しかし、それは良性の癌だったため村長
の心中する動機がなかったと。この村には神話
があった。白神様に殺されると。

蘭が何かの気配を感じた。雨の木陰から乱れた
長い白い髪の怪しい人が隠れていた。白神様は
神話だったが、ある時少女が森で行方知れずに
なり、湖で死体で見つかった。

その少女の名前は屋田たまこという名前だった。
その少女は屋田まことの妹だった。氷川萌生は
白髪の人を見たと言う。そいつが殺したのだと。
河内が村長はオリンピックの選手だったと話した。

それで村長の部屋へ行くとメダルがたくさんあっ
たが、紐がとれてすべてメダルだけになっていた。
そこには一緒にあうんの像があった。とても高価
なものだったが2体のうち1体だけがなくなっていた。

2体とも盗めばいいものをなぜか1体だけだった。
屋田まことの部屋へ行くと工藤新一の大きな写真が
あった。屋田まことは工藤新一の大ファンだったと
言う。

だから工藤新一の下した結論を聞いた屋田まことは
ショックを受けていたという。工藤新一を責める氷
川だったが、工藤新一が突然屋田まことの部屋に一
人にしてほしいと言い出した。

ちょっとしてすぐ出てきた工藤新一。河内が「わた
しは知ってるのよ。決して言ってはならない真実」
「言う気になったらわたしの部屋にいらっしゃい」
と言い出した。「そしたら好意的に記事してあげる」
と言い残して。

蘭は新一に会って「何も感じない」と悩んでいた。
森の中から誰か工藤新一のことを見ている。それは
白髪の男だった。朝になると、工藤新一が居なくな
っていた。工藤を探す服部。

工藤を見つけると目の前には血だらけに刺された河
内と血のついた新一が居た。河内はまだ、少し息が
あった。それで服部が救急車を呼ぶように言ったが
誰かが警察を呼んでいた。

警察は犯人と被害者の足跡が残っていた。昨夜雨が
降っていたので犯人と被害者の足跡が深いと警察検
証していた。警察は足跡が4つあるのに一人しか足
りないと指摘した警察。

服部は「何かトリックある」と言い出した。和葉は
工藤新一を隠しきれいないから警察に話そうと言っ
ていた。この河内の殺人は不可能犯罪だった。かな
り難航している様子だった。

蘭が居なくなっていた。蘭は森へ行っていた。新一
が元に戻ってほしいと祈っていた。蘭は白神に遭遇
した。追いかけたさなか、蘭は崖から落ちた。蘭の
場所の近所を小五郎達が通る。

気を失いかけている蘭の傍に白神が現われた。白神
神なんかではなく、殺人犯のような男だった。
スポンサーサイト

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。