movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェシー・ジェームズの暗殺
勝手に点数70点

2007年、洋画のドラマ。ブラッド・
ピット主演。実在した強盗団の話し。そ
の強盗団のジェシー・ジェームズという
人の話し?暗殺したロバートの話し?

とりあえずはブラッド・ピットが演じた
ジェシー・ジェームズの話しだとは思い
ますが、ブラッド・ピットの演じたジェ
シーはとても暗い人を演じていました。

最後を終わってみると最後はロバート(
ボブ)の方が主役だったんじゃないだ
ろうかと感じる作品。ブラッド・ピット
の演じたジェシーがあまりに悪役の雰囲
気があり過ぎて主役というより悪役で最
後まで終わってしまって、主役を忘れさ
せてしまったのかもしれません。

ブラッド・ピットは昔はよく悪い役をた
くさん演じていたので、「リバー・ランズ・
スルー・イット」で有名になり、この時も
落ちぶれた釣りのうまい弟役を演じていたが、

その後はとてもセンショーナルな役を演じ
たブラッド・ピットですが、久々にブラッ
ド・ピットの演技を見たように思います。

そんなブラッドピットがこの役を演じると、
これまでのブラッド・ピットの演技力が出
され、とても凄いジェシー・ジェームズと
いう悪党を表現されたと思います。

そのせいか、この物語は終始暗い感じで話
しが展開されます。しかし、ブラッド・ピ
ットのジェシー・ジェームズはかっこいい
人に映っていました。

はじめはこの作品、「ジェシー・ジェーム
ズって一体何?」と思いつつ観ましたが、
とても良い題材の物語でした。ブラッド・
ピットはいつも原作を自分で見て役の依頼
を受けるとか、そんなブラッド・ピットの
選んだ作品はやはりすばらしかったです。

久々にハリウッド映画のど真ん中の作品で
良い作品に出会えたように思います。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。