movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1303号室
勝手に点数70点

2007年、邦画のホラー。及川中監督の
作品。中越典子、古田新太など出演。最近
ホラー映画から新しい女優が有名になる事
が多いのでこの作品でもその可能性がある
ように感じます。

ということで最近のホラー映画の傾向で、
良い俳優や女優が出てるのはかなり良い作
品が多いのですが、逆に怪しいのも多く、
この作品も怪しい作品だと思いました。

だから、観ないでいたのですが最近何かで
この作品が良いことを知ったので観てみま
した。これはおもしろかったです。昔風の
色の映像がずっと続きとても良い仕上がり。

映画のあちらこちらに監督のこだわりみた
いなのを感じる作品。とにかく監督が突然
の発想、監督の才能なのか。練るに練った
構想の作品なのかよくできてる作品でした。

この作品の凄いところは物語の起承転結の
映画の時間2時間のうち、1時間を起で使
ってしまうというところ。しかもその起の
地点で凄いわくわくしてしまうような作品。

そして、1時間終えて、霊の問題がわかっ
てくる。それからこの問題の解決に進み出
す主人公。だんだんとなぜ、霊がこんな事
をするのかわかってくる。

今回主人公はその原因をつきとめ、解決に
つとめるが・・・
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。