movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25時
勝手に点数70点

2002年、洋画のドラマ。エドワード・
ノートン主演。スパイク・リー監督の映画
好きにはとてもたまらない作品。そして、
観ると実際におもしろい。

映画の雰囲気は普通の感じの色なんですが、
なぜか凄く良いと感じる映像。スパイク・
リー監督は以前も人種問題のテーマで映画
を作っていた。

今回は麻薬や教師の性犯罪について描いた
映画。そして、気付かなかったですが、い
つの間にかエドワード・ノートンという人
が人気が出ているのに気付かなかったので
すが、この作品で人気があるのを知りました。

ここからネタバレあり。
エドワード・ノートン演じる金融の会社で
ディーラーをしているモンティ。モンティ
は有能だけど、野心家。

だから、仕事は上司に逆らってよく大きな
賭けで仕事をしていた。そんなモンティだ
から私生活では麻薬を売っていた。それが
ある時見つかってしまった。

モンティは捕まってしまった。それは友達
が警察に電話をして見つかってしまった。
モンティが出頭する25時間前の話しをド
ラマにしている。

人が刑務所に入ることになって猶予時間を
与えられたら何をするかという物語。モン
ティは友達と会った。それから刑務所に入
る準備をする。

準備とは刑務所に入るとそこでの受刑者キ
レイなモンティを見て暴行して性交渉の相
手にされるから少しでも汚く見せるために
殴らせたりという話し。

刑務所に行く男の心理がおもしろいこの作
品。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。