movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魍魎の匣(もうりょうのはこ)
勝手に点数55点

2007年、邦画のサスペンス。堤真一主演、
安部寛、椎名桔平、宮迫博之、黒木瞳、田中
麗奈など出演。原作は京極夏彦。とても豪華
な出演者たち。

しかし、豪華のわりにいまいちだった作品。
良いサスペンスが多い中ちょっと飛び過ぎた
ストーリーなのでいまいちだった作品。映像
とか作りは良かったですが内容のない作品。

ここからネタバレあり。
気持ち悪い事件が起こった。少女の腕だけ見
つかるという。京極夏彦の描く奇異な事件が
起こった。

もちろん、霊のしわざと思わせる。誰の仕業
か。そして、今度は二人の分の腕が4本、棚
の引き出しの中から見つかる。やはり奇異な
事件と思わせる。

というような話し。やはりこの人はホラーを
作らないといけないとつくづく思いました。
前回の「姑獲鳥の夏」は結末がわからなく期
待して観れましたがこの作品は結末がなんと
なくわかったのでおもしろさが半減以下の作
品でした。

1作目の「姑獲鳥の夏」を観てない人はいい
かもしれません。ストーリーがちょっと飛び
過ぎてどちらかというと期待外れの作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。