movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2046
ウォン・カーウァイ監督の話題作。トニー・レオン、チャン・ツィイ、木村拓也などが出演。木村拓也が出演したことで有名なった作品。ウォン・カーウァイ監督の映像って凄く、不思議な世界観。ウォン・カーウァイ監督の過去の作品ではよく見たのですが、古き良き時代の映像の美しさ。今回は今のデジタルの鮮やかな美しさなどが加わった感じでした。トニー・レオンが演じる主役の作家が2047という作品を作るという話しで、それまでに隣に住んでる美しい女性(チャン・ツィイ)や昔の女性。そして、大家の娘との友情など、ラブストーリーが展開される。それに加えて、先に述べたウォン・カーウァイ監督の映像美がよりラブストーリーを優美なものにしてるようにしています。「2046」というタイトルは未来的な物を想像してしまいますが、どこか古き良き時代の映像美などもあり、デジタルな映像も使われてるわりには機械的な無機質な物には感じなかった。感傷的に、幸せになり、淡い過去に…大人の恋の話しでした。
スポンサーサイト

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。