movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チーム・バチスタの栄光
勝手に点数70点

2008年、邦画のサスペンス。竹内結子主演、
安部寛、吉川晃司など出演。原作がかなり話題に
なった作品。個人的に竹内結子があまり好きでな
かったので、観ないでおこうと思いました。

しかし、最近、ドラマが始まったのでドラマで
結末を知る前に先に映画を観ようと思いました。
それはだいたい、映画の短い方の方がおもしろく
ないことが多いので。

観るとおもしろい作品でした。医療とか病院の話
しですが、今回はサスペンス色の強い映画。TV
ドラマでは結末が変わるというのですが、どうな
るんでしょうか、楽しみです。

ここからネタバレあり。
竹内結子演じる真相を探る医者と、安部寛が演じ
る厚生労働局員の物語。安部寛の演じる厚生労働
局員が犯人を探して、摘発する物語。

そこで竹内結子は優しい医者を演じていました。
話しはチームバチスタの手術チーム。大人は手術
が失敗するが、子供は手術が成功するというおか
しな手術チームの話し。

その手術の失敗にしゅっとう医が不思議に思い、
調査を依頼したという。しかし、理由が全くわか
らないその原因を探る。けっこう意外な結末が待
っていました。

医者が書いただけあって、嫌な医療の現場を描い
ていました。結末は正直、ちょっと、夜のサスペ
ンスのような結末にがっかりした感じ。医者しか
書けない原作という感じです。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。