movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
呪怨 パンデミック
勝手に点数60点

2006年、洋画のホラー。日本の
清水崇監督の作品。ハリウッドでリ
メイクされた映画。ジャパニーズホ
ラーを勢いづけた作品の一つ。

内容自体は日本とほぼ同じだったん
ですけど、日本の方よりやっぱり、
さらにパワーアップしていました。
また、ここでは主人公はアメリカ人。

何人もの外国の監督がジャパニーズ
ホラーの映し方を真似をしますが、
外国の人がするとなぜか、その表現
ができない。

その代表的な監督、清水崇監督が撮
ったホラーなので、元々の「呪怨」
より怖くなっていました。この作品
は凄い感じでした。

ここからネタバレあり。
日本の時は幽霊が嘘くさかったですが、
ハリウッド版のこれはこれまでのホラー
を集約したような完璧な怖さ。

元々の映画はこんなにも怖くなったはず。
もちろん、内容は「カヤコ」の怨念の話
し。ここでは日本に留学してきた女の子
がカヤコのいる家へ行くという話し。

そして、見事に呪われてしまうという。
やはり、何が怖いって、出て来る家が普
通の家だということ。もしかしたらあり
える話し。

正直、こんなオムニバスの怪談はいくら
でもありますが、これが怖いのはカヤコ
の怨念が深すぎるというところがとても
怖い世界に引き込まれる作品。やはり、
ホラーはジャパニーズホラー。

どこの国よりも怖く、真似ができないと
感じた作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。