movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アポカリプト
勝手に点数65点

2007年、洋画の歴史ドラマ。
監督はメル・ギブソンの作品。
以前の作品、「パッション」と良く
似た作品。

なので、正直あまり期待しないで
観た作品。案の定、「パッション」
のように残虐なシーンの連続が間も
なく始まった。

「やっぱり、パッションと同じよ
うな作品か」と思いつつ観ていま
した。また、「メル・ギブソンはな
ぜ、こんな記録のないような事を
適当に描かけるのか」とメル・ギブ
ソンを疑いつつ、「パッション」と
同様に感じていました。

しかしながら「パッション」と違っ
た点は「パッション」はキリスト、
一人への虐殺行為だったのですが、
このアポカリプトは民族全体という
感じが少しましな感じだと思ってい
ました。しかし、惨いシーンの連続
でした。きっと、ホラー映画の方が
観やすい感じだと思って観ていました。

「アポカリプト」の良かったところ
は物語がちゃんとあったところ。
ちゃんと結末があって終わって、
安心できた作品でした。

スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。