movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機械じかの小児病棟
勝手に点数70点

2006年、イギリスのホラー映画。監督は
スペインの監督らしいです。一応イギリスが
舞台のなでイギリス映画ということにしました。
大きくはヨーロッパ映画のホラーという感じ。

ホラー映画というと最近とても増えていて、
おもしろいホラー映画を選ぶのがとても大
変になってきました。ジェイソンやゾンビなど
あの手の映画はあまり好まないです。

それで内容のおもしろいものを探しますが
それでもあんまりおもしろいくない作品を
選んでしまうことが多いです。この作品は
パッケージを見た時に惹かれた作品。

ここからネタばれあり。
スピリチュアルホラーという言葉に惹かれ
たのですが、きっと内容は何か理由があ
って霊が現れる物語だと思いました。

古い病院で子供の幽霊が出るという。
もちろん、病院のオナーや先生達はそ
んなことはありえないと否定する。しかし、
やはりいろんな人が幽霊を見ている。

それで変なことも起こるこの病院。やが
て、子供の幽霊がいることに気づく、主
人公の看護師。それでなぜこの子供が
現れるのか調べはじめる。

そしたらこの病院で過去に起こったこと
を知った看護師。しかし、幽霊はそこに
入院する子供を襲ってくるという・・・
なかなかおもしろい作品でした。

この作品は最後の20分くらいに幽霊
が出てくるくらいなのでほとんど、サスペ
ンスのように見れる作品です。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。