movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨樽の川
勝手に点数70点

2004年、邦画のラブストーリー。玉木宏、
綾瀬はるな主演。かなり純愛のラブロマンス
という感じのラブストーリーです。幼馴染の
二人の一途な愛の物語。

かなり美しいラブストーリーです。綾瀬はるな
の演じるヒローインは話しのできない障害者、
しかし、玉木宏の演じる主人公、しんぺいは
いつも一緒に居てたので話すことがわかる。

ここからネタばれあり
この話しはしんぺいと綾瀬はるな演じるさゆ
りが小さい時から始まる。しんぺいは父を幼
い頃にな亡くしている。

しんぺいの父が亡くなった理由はさゆりの父
が事故に合った時にしんぺいの父が助けて
代わりに父が亡くなったという。だから、さゆり
の父はしんぺいの母に気負いをしている。

だから、さゆりの父はしんぺいの面倒を見な
いといけないと。一方、しんぺいとさゆりはと
ても仲良し。しかし、さゆりの家は造り酒屋。
つまり、さゆりの父は社長である。

しんぺいとさゆりは幼いときからいつも一緒。
さゆりが耳が聞こえなくて話せないにもかか
わらず、しんぺいはさゆりの発する声で何が
言いたいかわかる。

しんぺいは絵を描くのが凄くうまい。それで
小学校の時に地元の絵のコンテストで賞
をとる。その後しんぺいの母が過労で亡く
なる。

さゆりの父がしんぺいの面倒を見ていた。
それでさゆりの父はしんぺいを自分の造り
酒屋で働かせていたがしんぺいは絵が好
きで仕事をしないで絵ばかり描いていた。

ある時失敗して、酒屋の仲間と喧嘩にな
る。さゆりの父もしんぺいは絵を描いた方
がいいとしんぺいを説得して絵を描いてほ
しいと言っている人の元へやった。

そして、酒屋の従業員とさゆりの結婚話し
を進めていくさゆりの父、母と婚約者。しか
し、さゆりはしんぺいのことが大好きだった。
婚約の準備は進んでいく。

というとても純粋な恋愛物語。子供の頃
からの二人を描いているのでかなり感情移
入させられる物語でした。そこへしんぺいし
かさゆりの言葉がわからないという設定。

さゆりのことはしんぺいしかみれないという
気持ちにさせられる。そんな気分にさせて
くれるとても良い作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。