movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カラオケボックスの死角(前編) / 名探偵コナン
2008年6月30日放映分。本堂瑛祐が
戻ってきていた。コナンの立ち寄った本屋
で出会った。同じサスペンスの本を探して
いたようだ。

本堂瑛祐は「何かに縛れるのが嫌いだか
ら」ということをしきり話していた。そこで灰
原と瑛祐に初めて会った。証人保護プロ
グラムを断ったと灰原が推測した。

後をつけられいることに気づいたコナンと灰
原。黒づくめの組織でないことはわかった。
蘭と園子が瑛祐の復活祝いをしようと言
い出した。それでカラオケに行き出した。

その後に後をつけてきている男が同じくカ
ラオケに入ってきた。それで店員に「コナン
達が出た後に今コナン達のいる部屋に変
えてほしい」言い出した。

園子達がカラオケで盛り上がる中瑛祐が
居ないことに気づいた。瑛祐が帰ってきた
と思ったら知らない人が入ってきた。それは
隣の人だった。

その後ろに体の大きなレスラーのような人
が通った。カウンターに釣り道具を持ってい
る人が来ていた。コナンは釣りをする人が
一人でカラオケに入ってくるのは珍しいと
思っていた。

コナン達がカラオケを出ようとすると店員の
叫び声が聞こえてきた。そしたら後をつけて
きた男が頭から血を流していて死んでいた。

コナンは瑛祐の「僕は何かに縛れるのが嫌
いだから。僕には必要ないと思うから」という
言葉を思い出していた。コナンは瑛祐を縛
っているFBI捜査官を殺したのではと・・・

間もなく目暮警部がやってきた。現場検証
が始まった。殺された人の持ち物にカメラを
持っていた。現像を指示する目暮警部。店
員が殺された男が「蘭達が出たら教えてほし
い。その部屋に忘れ物をした」と言っていたこ
とを目暮警部へ話した。

コナンはすぐにまた、瑛祐を尾行するために
その注文をした思った。犯人はまだ、この部
屋にいると目暮警部が推理する。本間恭
太、有本懇治、玉井邦男が居た。

それから有本の連れが部屋で寝ていた。瑛
祐の顔色が変わった。園子が「瑛祐のやっち
ゃったんじゃないわよね」と言うと、瑛祐が「見
っちゃったんです。二人がキスしている所を」と
言った。有本の連れは女だった。

カラオケのスタッフが「防犯カメラで様子が映っ
ているので見ますか」と提案した。見ると、犯
行の時にみんな防犯カメラが映っていた。しか
し、犯行の部屋が映っているわけではなかっ
たので犯人はわからなかった。

目暮警部は「まだ、凶器が見つからないので
凶器を探したいと思う」と告げた。コナンは確
かに被害者は鈍器で殴られていたことを思い
出していた。

コナンはこの後をつけていた男が本当にFBI
捜査官かどうかも疑っていた。
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。