movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒椿
勝手に点数60点

1993年の邦画、アクション。西田敏行、かたせ梨乃、
南野陽子、高島政宏など出演。俗に言うヤクザ物の
ような映画。時代劇という感じなので、年輩の方が好
みそうな映画です。

西田敏行、かたせ梨乃が出ているだけあって迫力の
ある映画でした。また、南野陽子が主役で芸子の役
をやっています。他たくさんの演技派俳優など出演して
いて、とても良い作品になっていると思います。

その中でも萩原流行がどちらかというと悪役で出てい
ますが、凄い迫力のある演技で、西田敏行との立ち
回りは圧巻でした。昔から俳優としてずっといろんな作
品に出ているので演技はすばらしい。

主役の南野陽子は、おそらく、この作品に出た頃は20
代後半。南野陽子がとても引き立つような映し方をし
いてとてもきれいに映っていました。その映し方はまるで
アイドルがキラキラした感じで。

ここからネタバレあり
この物語は昭和の初め頃の高知の話し。そこで遊郭の
おかみをしているのがかたせ梨乃が演じ。問題が起こる
とそれを解決するのに動く、富田。西田敏行が演じる。

この時は選挙がとても盛んになり始めたころでしたが、そ
んなヤクザと銀行員、政治家という関係も描かれている
作品。この時代の暗い部分を描いてます。今の政治よ
りはシンプルな世の中のようにも感じましたが・・・

そして、遊郭の一番の売れっ子が南野陽子が演じるボ
タン。ボタンをめぐって、権力者が争うという物語です。
この物語では西田敏行が凄い良い男に映されています。

この物語の原作者は宮尾登美子という女性の作家さ
んですが、けっこう濃厚な男女関係を描いています。け
っこう意外な感じでした。女性の作家さんの方が逆にう
まいのかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。