movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイ・アム・サム
勝手に点数80点

2001年、洋画のヒューマンドラマ。ショーン・
ペーン、ミッシェル・ファイファー、ダコダ・ファニン
グ出演。ここでそこそこの俳優が出ている中、
ダコダ・ファニングの演技がすばらしかった作品。

ショーン・ペーンがこのあたりからとても有名にな
ったくらいの作品。この後、話題作を多数出演
し出す。しかし、いまいちの作品ばかりで落ちて
いった感じのある俳優。

ミッシェル・ファイファー、とても美人できれいな女
優にも関わらず、一流女優になれない女優の
イメージのある女優。出ている作品の役柄がい
まいち良い役でないせいか・・・

ダコダ・ファニング、はっきり言って、こんな凄い俳
優、女優の中でもこの女の子がすべてと言って
良い作品です。いきなり凄い演技をしてしまい
ました。

2008年、晩冬に放映された香里奈が主演し
た「大好き」はこの作品をパクったような作品。
障害を持った父と娘との話しです。障害者に子
育てはできない?できるという内容の話し。

もっとショックだったのが、凄く好きだったドラマ、天
海祐希さん主演の「離婚弁護士」はこのドラマか
らそのまま音楽が使われて、しかも良いシーンはこ
の映画からそのまま雰囲気を真似していました。
  ■\(-_-メ)レッドカード!!

ここからネタバレあり。
すでにネタバレしてるかもしれませんが、障害を持
った父親が子供ができたのですが、母親はその子
が生まれてすぐ、逃げてしまう。

そして、父親一人でその女の子供を育てないとい
けなくなった。小さい時は良かったが、子供が8歳
になる目前に父親の知能は7歳だから8歳になっ
た子供は育てられないと施設から言われる。

それで子供は施設で育てられることになるが、主
人公のサムは裁判をしてルーシーを取り戻そうと
する。最後はルーシーが父、サムを求めてサムの
家に毎日通うという物語。

この時、ショーン・ペーンの障害者の役が大袈裟
過ぎていまいちと感じていましたが、香里奈の演
じる障害者の演技が下手すぎて、ショーン・ペー
ンが良い俳優かわかる作品です。

また、ショーン・ペーンとトム・ハンクスが似ていて
アウトローな役ばかりなショーン・ペーンなら、トム・
ハンクスの方が適役ではと思ったが、トム・ハンクス
の場合フォレスト・ガンプと役が重なりそうな感じ。

でも、もう少し明るい俳優がいなかっただろうかと
感じてしまった。ミッシェル・ファイファーは嫌いでは
ないのですが、ここでも落ち着きのない、喜怒哀
楽の激しい女弁護士役。このイメージが強い。

ミッシェル・ファイファーはそんな不器用な女性ばか
り演じているので実際もそうではないだろうかと感
じさせてしまう。そのイメージでどういうわけか、少し
ダメな女性のように感じてしまう・・・

この物語のすべてはダコタ・ファニング。この女の子
が居なければ、この役をしていなければ、こんな良
い作品にはならなかっただろうと感じる作品。この
女の子を中心に綺麗な映画なっている作品です。

大分前にも見てるのでランキング除外。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。