movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイズ・ワイド・シャット
勝手に点数65点

1999年のスタンリー・キュブリック監督の傑作
と言われる作品。出演はトム・クルーズ、ニコー
ル・キッドマンなど。ジャンルはサスペンス?ラブ
ストーリー?サスペンスっぽい作品。

最初に観た時にスタンリー・キュブリック監督が
「そんなにこだわって作る必要のある作品か?」
と、とても疑問を感じた作品。2度目に観るとわ
りとおもしろいと感じた作品。

ここからネタバレあり
スタンリー・キュブリック監督の過去の作品を観
ると、今はちょっと時代と合っていないように思う
作品が多いと個人的に感じていました。

この作品も同様にいまいち、すっきりしない作
品。「おいしいと噂にはなっているけど、実際食
べるとあまりおいしくないような作品」。それなり
にはおもしろかったような作品。

それでどういうところがおもしろかったかというと、
トム・クルーズが演じる医者の夫とにコール・
キッドマンが演じるその妻。そして、その夫は
性欲が抑えられない。

一方、ニコール・キッドマンの演じる妻は娘を
育てながら幸せな家庭を過ごしていました。
そんな中、医者の夫はとある富豪のパーティ
で不思議なパーティがあることを知る。

それはかなり変な、わかりやすく言うと変態の
集まった性の乱交パーティ。そこでは顔はマ
スクをして本人がわからないようにしているが
トム・クルーズの演じる夫はバレてしまう。

そこから妻への罪悪感と、そのパーティの部
外者はそのパーティのことを知ると殺されて
しまうと、そこに参加している娼婦が言って
いた。殺されるのではという恐怖があった。

そんなサスペンス、エロティック、夫婦の愛の
ラブストーリーの要素の映画でした。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。