movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虹の女神
勝手に点数70点

2006年、邦画の青春ラブストーリー。
上野樹里、市原隼人、佐々木蔵之助
出演。大学時代に一緒に居た二人の
ピュアーなラブストーリー。

原作は桜井亜美。前にこの人の作品を
本で読んだことがあったからこの純愛の感
じはかなり意外でした。プロディーサーに
岩井俊二。

上野樹里の役は抜けた人の役を演じる
ことの多い女優でしたが、ここでは不器用
な感じのサバサバした女性を演じていて、
ちょっとイメージとは正反対の役でした。

一方、市原隼人はウォーターボーイズの
イメージが強かったのですが、ここでも同じ
ような優柔不断の優しいけど、弱い男を
演じています。

市原隼人は「この感じの役どころが定着し
たのかな」と感じる作品でした。映画作りを
通じて、繰り広げられる大学生のドラマ。
そして、恋愛も繰り広げられる映画。

ここからネタバレあり。
始まりは上野樹里の演じる佐藤あおいが
死んだ知らせから始まる。それで大学時代
の思い出を振り返るという物語。

すでにヒローインが死んでいるのは韓国映
画の悲しい物語の影響?そして、映画作り
の題材はなんとなく、ヴィゴにそっくりな作品。
どこかで観たようなストーリー。

全体的にはとてもおもしろい内容でした。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。