movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルゼンチンババア
勝手に点数60点

2007年のドラマ。鈴木京香、役所広司、
掘北真紀など出演。公開される前からキャ
ストを見て楽しみにしていた映画。コメディー
っぽい感じもしましたが、大筋ドラマのようです。

鈴木京香のアルゼンチンババアという役、ゼ
ブラーマンでコスチュームを着ていた鈴木京
香はかなり驚きましたが、この役どころもかな
り驚きでした。

鈴木京香のイメージはやっぱり綺麗どころの
女優さんというイメージなので、けっこう花形
の役どころが似合うのですが、もちろん、この
アルゼンチンババアは凄く良い役ですが。

ここからネタバレあり。
主役のアルゼンチンババアは町で変な人扱
い。そして、目だった変な屋敷に住んでいる。
役所広司が演じる妻をなくした悟。その娘、
みつこを演じる堀北真紀。

悟は妻を無くしたショックからアルゼンチンバ
バアの屋敷で居候していた。そのことを知っ
た悟の家族。だから連れ戻そうとするが悟は
妻を無くしたショックからか、帰らない。

アルゼンチンババアの元へ行く娘、みつこ。そ
んな時父とアルゼンチンババアが愛し合ってい
るのを見てしまう・・・それで、アルゼンチンババ
アとみつこの距離が広がるのかと思ったが・・・

アルゼンチンババアとみつこは理解しあっていく。
どうやらみつこは父の行動が許せなかったよう
だ。そんな時アルゼンチンババアが父の子供を
妊娠していることがわかった。

アルゼンチンババアは一人で育てると言い出し
た。それで、みつことアルゼンチンババアはさらに
理解しあっていく。そんなヒューマンドラマでした。
鈴木京香のアルゼンチンババアは
コメディーのようですが。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。