movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンニバル・ライジング
勝手に点数85点

2007年のサスペンス。きっと、みんな
知っているはずですが、「羊たちの沈黙」、
「レッドドラゴン」、「ハンニバル」の続編。
主役、ハンニバル・レクターの始まり。

続編なので、おもしろいのはやっぱり、1作
目の「羊たちの沈黙」が一番、おもしろい
のがたいていなんですが、このハンニバルシリ
ーズ?は出る続編がどんどんおもしろくなる。

この「ハンニバル・ライジング」も凄くおもしろか
った作品。ずっと、シリーズを観ていたので、
ついでに観た感じだったのですが、凄いおもし
ろかった作品です。

ここからネタバレあり。
主人公のハンニバル・レクターは元々、大富
豪の家に生まれた子供だった。しかし、戦争
がハンニバル・レクターを生んでしまった。

事件は戦時中に起こった。激しい戦争の中
逃げてきた兵士たち。それでハンニバルの別
荘へ逃げ込んできた。その時に食料がつきて
しまった時・・・

その時に兵士達は生きるためにハンニバルの
妹を殺して食べてしまった。その復讐に燃えた
ハンニバル。その時に残虐なハンニバルが生ま
れてしまった。

ここで描かれているのはハンニバルの学生時代。
医学を学んでいるハンニバルが出てくる。その
時に日本の女性と一緒に住んでいた。ハンニ
バルは日本の死刑方法などに影響を受ける。

この時の日本女性の苗字が「むらさき」だった
からおもしろいと感じつつ観ていました。実際に、
日本にはありそうでない苗字。「外国人ってこん
な風に考えるだな」って。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。