movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤と黒のクラッシュ(発端) / 名探偵コナン
2008年1月14日放映分。服部とコナンが
電話で話している。それは前にコナンが調べた
本堂瑛介の子供の頃の話しをしていた。それ
は本堂瑛介を知っているというお爺さんだった。

そのお爺さんは他に仲間が居て、その人達と
「そろそろ潜る」と話していた様子だった。服部
もコナンと同様、この潜るの意味がわからなかった。

そして続いて、「カンパニーに雇われている」と
言っていた。服部はコナンにおとなしくしておく
ように言ったが、コナンは服部に「おまえならどう
する?」と聞くと、服部は「ガンガン行く」と言った。

コナンと蘭と園子が病院にいる。入院している
同級生のお見舞いに来ている様子。そこへ瑛
介も居た。それでこれから行くハンバーガーショ
ップへ誘おうとしていた。

本堂瑛介は病院でミズナシレナを探している
様子だと、コナンは本堂瑛介の母親だと思っ
ていたが、本堂瑛介は姉だと言う。その写真は
アナウンサーのミズナシレナにそっくりだった。

が、本堂瑛介は姉は将来、看護師なりたがっ
ていたからもしかしたら病院に働いていると思っ
て探していたらしい。瑛介は昔、姉に輸血して
もらって、助かったことを話し出した。

でも、本堂瑛介の持っている写真はあまりに
もミズナシレナに似ていたので蘭の提案で「ミ
ズナシレナの大ファンの人がいるから聞いてみ
たらどうだろう」と言ってみた。

そしたら瑛介は快諾した。それでその知り合い
に電話すると、間違い電話だと言い出した。
それで蘭の父、小五郎に番号を確かめると
「そんなはずはない、この前電話した」と言った。

蘭たちはその人の実家へ来ていた。それで「電
話番号違ってませんか」とその人の母親に聞く
と、「今、電話していた」と言い、「今、急いでい
る」と言ったが、コナンはおかしいことに気付いた。

それで問い詰めて聞くと、「息子さん、困ってる
ことがあるんじゃない?」と聞くと、その母親は
認めた。コナンは振り込め詐欺だとすぐに気付
いた。「事業で必要だ」と息子が言ってたと。

園子がその息子がする事業は「ミズナシレナ
グッズの店をする」と勝手に想像し出した。コ
ナンはそれもおかしいと思った。それは事業を
始めようとする人が旅行に行くのか、とか。

また、事業を始めようとする人がなぜ、電話
番号を変えるのか、とか。これは絶対におか
しいとコナンが思った。それで犯人が盗聴器
などを家に仕掛けて巧妙に犯罪を犯してい
ると。息子の様子を調べての犯行だと。

犯人はいろいろ計算に入れて犯罪を犯して
いるとコナンは言う。しかし、この母親は「早く
銀行に振り込まないと」焦って言うが・・・
コナンは「焦らないで」と止めた。

それで今度は母親に電話をさせて、「振り込
めなかった」と伝え、さらに「母親はヘソクリの
200万があるからそれでとりあえず、しのいで」
と言い。犯人を家から出さそうとした。

コナン達は犯人が出てくるのを待っていた。そ
したら犯人が出てきた。そこで、逃げようとした
犯人を蘭の蹴りで犯人を捕まえた。それで凄
くこった詐欺を未然に防いだ。
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。