movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KARTE 10 / 医龍2
朝田のチームと鬼頭のチームがすれ違うところから
始まる。ミキと荒瀬が鬼頭のチームを抜けた。鬼頭
のチームのメンバーもミキと荒瀬の腕が大切なことは
認めていた。しかし、鬼頭は二人を追わなかった。

鬼頭は自分のチームのメンバーに「敵は朝田じゃな
い、代わりはいくらでもいる」言った。荒瀬と小高が
再会していた。それで「また、組めるのね。あなたと」
と小高が言っていた。

朝田のチームは音部雄太君のオペの準備を着々
と進めていた。鬼頭のチームも移植の準備を進め
ていた。一方、片岡は野口に契約をしてもらうべく
野口の元を訪れていた。

当たり前だけど、野口は素直に受け入れてくれなか
った。再び、朝田、伊集院と鬼頭のチームのメンバー
がすれちがう。鬼頭が伊集院に「ついておいで」と朝
田も伊集院に「お前はチーム鬼頭へ入れ」と言った。

朝田は雄太君のオペの前に鬼頭のオペの方が先だ
から勉強をするように伊集院に勧めた。そして、「俺
たちの敵は鬼頭じゃない」と。「俺たちは患者を助け
るだけ」と言った。

二つのチームが手術の計画に入った。外山が伊集院
にチーム鬼頭の様子を聞いていた。伊集院は「疲れ
る」と答えた。朝田、伊集院、外山で雄太君の病室
を訪れようとしていた。

が、外山が「ガキは苦手」だと、行こうとしなかったが、
朝田が無理矢理連れて行った。病室では外山が雄
太と仲良くサッカーの話しをし出した。伊集院はチー
ム鬼頭の患者の様子を診にきている。

その患者は「みんな、俺の体に興味があるんじゃなくて、
俺のポジションに興味があるのだ」と伊集院にボヤいて
いた。雄太君は母親に「僕は必要」と聞いていた。小
高が片岡に「よく来るよね」と聞いていた。そして、「雄
太君が気になる?心臓移植に興味があるのかな」と。

片岡が北洋の院長と明真で出会った。北洋の院長
は「雄太君のお見舞いに来たのだ」と言う。そこへ野口
がやってきた。片岡に嫌味っぽく、野口の励ます会の参
加を勧める。北洋の院長にはもっと嫌味っぽく、「君は
来なくていい」と言った。

突然、雄太が肝硬変になった。心臓移植どころでは
なくなった。野口は喜んでいた。焦っていた朝田のチーム。
松平が「雄太君の肝臓は俺が持たせる」と言って、かっ
て出てきた。次の日、雄太の兄が母が雄太に肝臓を渡
すのは嫌だととダダをこねていた。

雪が降る中、朝田が雄太に「もう少しだけ頑張ってく
れないか」と雄太を励ましていた。そして、朝田は雄太
と約束した。「絶対、雄太を治す」と。雄太と指きりをし
た朝田。それを影から見ていた片岡。

鬼頭の元に電話が鳴った。ドナーが現れたらしい。
野口に報告をしている。野口が「移殖第一号が現
れた」と喜んでいた。それで伊集院が重要なドナー
の移殖の心臓を取り行くことになった。

外山が先を越されて悔しがっていた。藤吉が「子供の
移殖は難しい」とみんなに希望を与える言葉を言って
いた。そして、生体肝移植を成功させようと話していた。

母親が雄太の肝臓ドナーになるみたいだ。雄太は母
親に謝っていた。ユウタの兄がユウタに「頑張れよ」と何
回も言って励ましていた。小高は雄太の母親に「絶対、
成功させます」と言っていた。

雄太と母親の手術が始まった。荒瀬が雄太に「雄
太をこれから手術するメンバーは最高のメンバーだ。
だから大丈夫だ」と励ましていた。荒瀬のいつものカ
ウントダウンで手術が始まった。

朝田、藤吉、外山が松平の手術を見ている。そこ
へ片岡がいた。朝田すら、片岡の行動に驚いていた。
チーム鬼頭もオペが始まっていた。こっちは派手な
オペになりそうだった。鬼頭の方はタイムを計っていた。

鬼頭の方は始まってすぐに緊急事態が発生。うまく
いかないようだ。鬼頭の動きが止まっていた。それか
ら「心臓移植はできない」ことを告げた。すぐに伊集
院へ連絡して心臓をキャンセルしていた。

野口が焦っていたが、鬼頭の速やかな対応に明真
のミスではなくなった。そのために雄太君の移植の心
臓が廻ってくることになったが、今、肝臓の移植を手
術をしているため、同時に心臓の移殖は不可能だった。

朝田は松平の「俺が雄太君の肝臓を持たせる」と言
う言葉を思い出していた。それからすぐに朝田は、「荒
瀬に連絡しろ」と言いだした。それは手術をすることを
意味していた。

雄太君の命を優先しての判断だった。「今しないと
心臓がいつ廻ってくるかわからない」という判断だった
が、しかし、肝機能が戻ってないのに手術をすること
は朝田は医師免許を剥奪されてしまうのを承知で
移殖をすることを決めた。外山が「やろう」と呟く。

その言葉に藤吉達は動き始めた。片岡の気持ちが
動いた。このことを知った木原。木原は野口の性格
上、もしこのことを知ったら移殖は中止させようと動く
だろうと察した。だから、木原は野口がこの手術を知
らせないように動きだした。そして、片岡も動きだした。

最初に片岡が野口の元へ行った。朝田は手術室へ
行き始めた。伊集院と心臓を乗せた救急車の前を
倒れたドラム缶が行く先を止めてしまった。呆然とす
る伊集院。

【予告】
「生体肝移植と心臓の移殖を同時にやるそうね」と
鬼頭が朝田に確かめている。片岡が野口に「日本
で始めての心肝同時移植ですね」と言っている。野
口は「やめさせろ」と言っている。成功する確率は
0.1%。久々に霧島の姿が現れていた。ミキをはじ
め久々のチームドラゴンのオペが始まった。
スポンサーサイト

テーマ:医龍&医龍2 - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。