movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KARTE 09 / 医龍2
野口が倒れ、北洋の院長が片岡に「パートナー
にならないか」と申し出たところから始まる。朝田
の方は拡張型心筋症を持った子供の患者が入
ってきた。

この患者は2年前に朝田がオペをした患者、オト
ベユウタという9歳の子供。病気が再発したという。
2回目に拡張型心筋症なので、次のオペを早くし
ないと助からないと言う。

野口が倒れて、木原が大騒ぎをしている。それで
野口に鬼頭に手術をしてもらうように提言してみ
たが、野口は「ノー」だという。それは鬼頭が明真
の指揮を野口に代わってとるからだと言う。

伊集院は手術の練習をしている。それはこの前
に失敗したことをまだ、抱えている様子だ。一方、
朝田は9歳の子供の手術が難しいことを母親に
話しをしている。9歳の臓器移植は法律上で認
められていないため、藤吉、朝田は頭を抱えている。

鬼頭が野口の前へ現れた。融資会社の有力者
の心臓移殖の患者の手術を打診していた。木
原が野口の隣についていた。鬼頭が野口の様子
が少し変だと思ったが、すぐに立ち去った。

松平が伊集院を慰めている。松平は伊集院は
優秀な医者じゃないという。並の医者だと。しか
し、並の医者でないとできないことがあると伊集
院をさとした。並だからいいのだと言う。

それを見ていた朝田と北洋の院長。院長は「良
い仲間ですね」と朝田に言っていた。院長にもそ
んな仲間がいたと。野口の方は体の調子がとて
も悪い様子だ。鬼頭もかなり感づいている。

木原はまた、野口に「鬼頭に診てもらう方が良
いのでは?」という言うと。野口は「もし、手術を
鬼頭にしてもらうと、今、僕の据わっている椅子
に代わって鬼頭がすわるだろう」と話した。

それから、野口は「私を助ける医者は一人だけ
だ」と話した。野口は北洋の院長の元をを尋ね
ていた。北洋の院長は昔の話しを野口にしてい
た。それは野口は医者の技術はなく、北洋の
院長の方が手術の腕はよかったようだ。

それで野口は医者の道を捨て、汚い手を使っ
て、のし上がっていったことを北洋の院長が話し
ていた。その時、野口が泣き出した。そして、こ
れまでの悪事をわび始めた。

北洋のメンバーが集まっている。「野口が手術を
してほしい」という話しを北洋の院長が話してい
るが、みんな、まともに取り合わない。しかも、こ
れまで敵だった野口の手術などしないとみんな、
話している。

片岡と野口が屋上で話しをしている。片岡は
一応、朝田の考えを聞こうとしていた。もちろん、
朝田は断るものだと、思っていたが、朝田の答え
は野口の手術を受けいれるという答えだった。
片岡はもちろん、驚いていた。

その朝田の返事を聞いて、いろいろと思い返し
ている片岡。片岡のかばんについているかわい
い熊の人形が目に入ってくる。片岡はこれを機
に野口に条件を提示してきた。

野口が北洋病院に検査に現れた。野村と外
山が食堂で話しをしている。野村が「朝田は
外山と違って優しい人」だと、軽く外山に言っ
ていたが、外山はあまり気付いていない様子。

野口の検査結果が出て、話しをしている。やは
り、野口は重病だった。助かる見込みはオペし
かないと言う朝田。野口は朝田達に「先生」と
呼び出した。

朝田はオペをすることをみんなに告げた。反対し
たが、小高が「しょうがない、野口ということは忘
れましょ」という言葉でみんな、オペをすることで
まとまった。

片岡は野口に条件を出すのだと言う。それは今
抱えている患者のユウタ君を明真でオペをする
ことと、オペをするのはチームドラゴンであること。
このオペが成功するとチームドラゴンは明真に残
るのだと言う。藤吉は「北洋を潰すのか」と言っ
たが、片岡は選択の余地がないと藤吉に話した。

野口のオペが始まった。小高の「わたしの麻酔は
速いのよ」という言葉で始まった。一瞬で堕ちて
しまった。小高がかなりきびきびと動く、伊集院も
良い動きをしていた。それに反応する朝田。

片岡は祈って手術を凝視している。朝田は患者
のことを考えろ、QOL(QOULITY・OF・LIFE)
だと。二日後にサイトビジットがある野口はそれに
参加しなければいけなかった。参加できるように最
小限の切り口で手術を行うと言う。

片岡は片岡が幼い日に聞いた父の言葉を思い出
していた。「目の前に患者がいたら手を差し延べる」
と言う言葉。朝田と片岡の父が言っていた言葉が
同じだったことを思い出していた。

手術は終わり、野口は明真に居た。鬼頭と一緒に
話していた。野口は「今年の風邪はしつこかったね」
と話していた。野口はゴールドバーグの代表と会う
予定になっていた。ゴールドバーグは万全を期した
いので野口が病気で何かあったらその全権をゴール
ドバーグを任せるという話しだった。ゴールドバーグに
対して「健康は大丈夫だ」とすぐに返答していた。

野口は今回の北洋の一連のことを初めから裏切る
計画だった。というより、片岡の条件の手術はうまく
いかないと思っていた。明真はとうとう、心臓移植の
病院の認可が下りていた。朝田のチームが明真に
返ってくることはもう噂になっていた。ミキと荒瀬が朝
田を出迎える。「おかえり」と言って。朝田たちが来
てすぐに鬼頭のチームと朝田のチームがスレ違う。

【予告】
オトベユウタ君が苦しんでいる。朝田が「ユウタ」と
叫んでいる。野口は「この子供は移植のドナーが見
つかる前に死ぬ」と言う。藤吉は朝田に「医師免許
が剥奪されるぞ」と言い放っている。
スポンサーサイト

テーマ:医龍&医龍2 - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。