movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わすれな歌
勝手に点数65点

現地では2001年。日本では2002年
公開の作品。タイのラブストーリです。
とてもわかりやすい単純なラブストーリー
で一途な愛を描いています。

これも純愛ものの映画です。この映画は
ちょっと変な感じで話しが展開されいくの
ですが、結末を見ると、なんか納得して
しまった映画。

ここからネタバレあり。
最近、変わったラブストーリーが多い中
この映画はわかりやすいラブストーリーで
した。例えば、恋人が死んでしまったり。

そんな中現実でもありそうな話しが展開
されてる映画。日本でも昔にこんな話し
があったような感じもしますけど。そして、
最後の結末を見ると納得してしまう映画。

主人公のペンが夏祭りの時にサダウに
恋をする。やがて、子供ができて、幸せ
日々を過ごしていると、ペンに兵役にいか
なければならなくなった。

ところが、ペンはずっと夢見ていた歌手を
目指すため、脱走してしまった。罪を犯し
てしまったが、歌手を目指して音楽事務
所へ入る。

それでなかなか、デビューができなかったが
ある時、ペンが歌ったきっかけでデビューす
ることになった。事務所の社長はゲイだった。
それでペンにせまってきた社長。

しかし・・・ペンは事故で社長を殺してしまう。
それでまた、罪を犯してしまったペン。動転し
たペンはすぐにトラックに乗って逃げてしまっ
た。

そんなペンは一体、どこへ行ってしまうと凄く
心配してしまう。そして、「この話しは一体、
どこへ行くんだろう」と、心配になる話しでし
たが、最後、刑期を終えてペンのとった行
動で最後、良い終わり方をした気分にさ
せてくれる映画でした。

やっぱり仏教国なのだろうか、全体的に
優しさを感じる映画でした。
スポンサーサイト

テーマ:アジア映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。