movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TV局の悪魔 / 名探偵コナン
2007年10月22日放映分。秋のミステリー
スペシャル。ロックンローラーが会社の社長と話
しをしている。その社長はロックンローラーに契
約の打ち切りの話しをしている。

ロックンローラーは「解散ライブをさせろ」と話し
ている。そしたら社長はもし、契約中に勝手に
解散ライブをしたら契約違反で、損害賠償金
を支払ってもらうと話しした。

場面は変わってコナン達がTV局に来ている。
そのTV局で、井上和香と山本梓に会った。
そこにロックンローラーが通りかかった。サタン
鬼塚と言うらしい。

サタン鬼塚が控え室で中華料理を出前を
頼みだした。ラーメンとチャーハンと餃子を
それぞれ、違う店で頼み出した。それをマ
ネージャにやらせていた。

サタン鬼塚はTV局に事務所の社長も来て
いることを知っていた。サタン鬼塚はすぐに、
社長の元へ行った。サタン鬼塚は刃物も持
っていた。

ミツヒコがお姉ちゃんにサタン鬼塚にサインを
もらってきてほしいと頼まれていたのでサタン
鬼塚のところへコナン達がやってきていた。
「寝ていたこと」をサタン鬼塚が話していた。

それからサタン鬼塚は折り紙を折るのが好き
な様子で待っている間は折り紙を折っていた
らしい。コナンが早速、中華料理の器がそれ
ぞれ違う店から来ていることに気付いた。

突然、TV局にパトカーがやって来た。すぐに
TV局の人が「あなたの事務所の社長が大
変だ」と入ってきた。社長は殺されていた。
サタン鬼塚は「いったい誰が?」と呟いた。

すぐに目暮警部と高木刑事がやってきて、
事情聴取をしている。そしたら、元太がサタ
ン鬼塚のアリバイを話した。「折り紙を折って
いた」と。

しかし、部屋に居たのは一人だからアリバイ
がないことになっていたが、サタン鬼塚は顔
一面にメイクをしているのでメイクをするのに
30分は時間かかる。

それでしかも、鏡を忘れてきたので、鏡の
ない控え室ではメイクはできないと言う。
だから、メイクをとって、社長を殺し、控え
室に戻ってまた、メイクをすることは不可能
だと。

灰原は鏡が無いのは「出前を持ってきた
誰かに鏡を渡せば、メイクが可能じゃない
か」と言った。

さらにコナンが「折り紙を折っている時に
タバコを吸っていたか」と聞いた。そしたら、
サタン鬼塚は「吸っていた」と答えたが、コ
ナンは嘘だと気付いた。

しかし、メイクをし直したのはどこかがわから
ない。それからさらに、折り紙の意味がわか
らない。外に日が落ちて、暗くなった窓を見
ると自分達が写っていることに気付いた。

そこでコナンが折り紙の意味に気付いた。
サタン鬼塚は突然、メイクを落とさせてくれと
言い出した。博士を使って、コナンは「証拠を
洗い流すつもりだな」とサタン鬼塚に言った。

サタン鬼塚が博士に噛み付いた。コナンは
サタン鬼塚が出前持ちの姿になって社長を
殺したと言う。鏡は透明の板があれば、鏡
が作れると言う。

定規と銀の折り紙を使ったのだと言う。これ
を使うと簡単な鏡ができたのだった。定規に
折り紙をつけると鏡のようになった。それでこ
の犯行が可能になった。

そらからメイクをして折鶴を折っていたなら
折鶴に紫の口紅がつくはずだが、折鶴には
紫の口紅がついてなかった。それはサタン
鬼塚がメイクをしないで折った証拠でもあった。
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。