movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
勝手に点数70点

2003年の洋画のドキュメントドラマです。
トム・ハンクス、レオナルド・ディカプリオなど
出演、スティーブン・スピルバーグ監督の
作品。実際にあった詐欺の物語です。

この作品あたりからレオナルド・ディカプリオ
がアカデミー賞受賞が色濃くなってきたの
ですが、なかなか取れない俳優で有名な
なった作品。その後の作品の「アビエイ
ター」でも逃してしまっている。

スピルバーグ監督はSFを駆使してるような
作品を想像してしまいますがこの作品は
とてもきれいな映像で、オシャレすら感じて
しまう作品。スピルバーグ監督が作ったと
思わなかった作品です。

ここからネタバレ
内容は凄い詐欺の事件の物語でその
10代の詐欺師をレオナルド・ディカプリ
オが演じています。

小切手を偽造する詐欺なんだけど、
凄い精巧に作って全くわからないように
小切手をどんどん進化させて作って行っ
ていく主人公フランク・アバクネイルJr。

この詐欺師、実は高校の時両親が離婚
してからすぐに詐欺師になったフランク。初
めは20代から30くらいと思われていた。
だから、ずっと逃げ切れていた。

そんな詐欺師の少しの期間の物語。
凄くおもしろい作品です。

スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。