movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイフーン
勝手に点数70点

2005年のアクションの韓国映画です。
この作品はJSA、二重スパイに続く
南北朝鮮問題を題材にした壮絶な
映画でした。

これまでと違うのはJSAとか二重スパイ
では北朝鮮と韓国の問題だったのに、
このタイフーンでは日本、アメリカ、タイ、
中国、ロシアなども関わってきました。

南北問題で切り離せない国には違い
ありません。韓国の人が描く、韓国
以外の国というのはちょっと偏見の中
で描かれているように思います。

この作品だけでなく、全くありえない事を
平気で描いていることが凄いといつも
驚かされます。例えば、「日本の自衛
隊が攻撃する」とか。

タイフーンではアメリカが日本に核爆弾
を輸送していたとか。ロシアの兵隊が
お金を取って、韓国の人とか、北挑戦
の人と取引したり。

だけど、韓国と北挑戦の問題は凄く
リアリティのある描かれ方をしています。
ここでも、韓国と北朝鮮の壮絶な関係
が描かれています。

それで、「民族は同じ」ということも描か
れていました。これが韓国人の望みな
んでしょう。この作品の大筋はこの内容
で、韓国人の得意な悲しい結末が
待っていました。

韓国映画のこの手の内容は本当に
すさまじい。それでまた、この手の内容
の映画を見るのとてもおもしろいです。
スポンサーサイト

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。