movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
組織からきた女 / エンジェルハート
シンフォンを見て気付いた女がいた。
その女がシンフォンのいる喫茶店、
キャッツアイに現れた。そして、シンフォンが
昔の好きな女の人のことを話し始めた。

その女が珈琲を飲んだ後帰り際に
中国語で話した。昔の思い出を
それでパイランだと、シンフォンは
気付いた。

そのあと二人は別れ際にシンフォンが
渡した指輪が残されていた。
シンフォンとパイランと二人はデートを
始じめた。

二人はいろいろと思い出話しを始めた。
パイランはシンフォンが変わっていたことを
感じていた。昔みたいに緊張感がなく
なっていたことを。

そして、シンフォンに尊敬できる人、冴羽
僚のことを話し始めた時、僚が現れた。
ところが僚はパイランを抱きかかえて逃げ
出した。

いつものモッコリと言って、追いかける
シンフォン。僚は尾行されていることを
見抜いていた。それで僚は逃げたと言う。

パイランとシンフォンは尾行をまいたと
思っていたのに尾行がいた。
まいた尾行はオトリの尾行だったと、
僚は言う。

下手な尾行をつけて、実はもう一人
尾行をつけるという。基本的な方法だと、
僚がシンフォンとパイランに教えた。
その後、僚はその尾行の相手を捕まえた。

パイランは僚が凄いことを見抜いていた。
その後シンフォンがパイランに尾行の者が
誰なのか聞くと、任務だから言えないという。
それで走ってパイランは去った。

その時にパイランはシンフォンに最も危険な
部隊のボタンを渡した。それで、シンフォンは
パイランのしている任務が死んでしまうことを
心配した。

一方、尾行していた奴らのボスのところへ
行ってたら、それは僚の知り合いのところだった。
ハヤカワという裏社会のボス。それでパイランは
ハヤカワの元で働いていることを知った。

パイランとハヤカワは信頼していると、感じた僚。
そして、別れ際にハヤカワがパイランの会って
いたシンフォンのことを聞いたが、僚が「家族」と
言っていたので、納得した。

僚はその姿は親、そのものと感じた。
スポンサーサイト

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。