movie-LA
観た映画の感想と評価をしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
元太の必殺シュート / 名探偵コナン
2007年7月2日放映分。被害者のドイツ人、
ルトガーさんが残したメッセージ。それは「元太を
指差したこと」と、「エル」という言葉。それは
一体、何なのか、なぞときが始まった。

それで、あゆみと光彦が推理を始めるが、
全然、おかど違いな推理を言い始める。
が、ハイバラの発想でコナンがあることに、
気付く、ドイツ語と英語の共通点。

それで、「いたずら坊主」がキーワードとなった。
それでハイバラがエルフ、ファンジー映画で出て
くるいたずら好きの妖精を思いつく。しかし、
コナンは冷ややかな目で見ている。

エルフは英語だと、妖精とかいたずら坊主になる
が、ドイツ語だと、11になるそれで、サッカーの
ユニフォームを着ていた小島が犯人になるが、
小島はとぼけていた。

それで逃げようとしている小島は強引にその場
から去ろうとしているが、コナンがゴネて小島を
捕まえようとすると、小島はルトガーさんが倒れ
てるのを見つけたのは元太と主張した。

それが小島が犯人だという証拠になってしまった。
それでも、とぼけようとする小島。元太が見つけた
というのは警察しか知らなかったから、なぜ小島が
知っているのだろうかということになった。

しかし、小島はまだ、競馬中継を見ていたから
倒れてるルトガーさんは知らないという。
その時博士が小島に競馬の結果を聞いてみた
ら答えられなかった。

それは小島がルトガーさんを殴打して、逃げる
ことが頭がいっぱいで競馬中継を流していたが、
全く聞いてなかったことを指摘した博士。結局、
小島はお金が目当てだったということがわかった。
スポンサーサイト

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。